スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「秋思」に想う 

    秋思
           張籍

洛陽城里見秋風

欲作家書意万重

復恐匆匆説不尽

行人臨発又開封

洛陽の町中を秋風が吹きぬけてゆく。
故郷にいる家族に手紙でも書こうかとおもうと、
さまざまな思いが幾重にも湧きあがってくる。
書き終えたものの、慌しく書いたので
自分の思いが言い尽くせず、ふとまた気がかりになる。
旅人に託す前に 思わずまた封を開いて読み返す。



張籍さんの七言絶句『秋思』。
天高い秋の空を見上げ、彼の詩を思いだしました。
張籍さんは中唐の詩人。
師友の韓愈に目をかけられ、その推薦によって、国子博士となりました。
中国の伝統的な祭日中秋節は一家団欒の日。
秋風に、故郷にいる家族を思い、こんな物悲しい気持ちになってしまったのでしょうね。
時々私も故郷の両親を想い、張籍さんと同じような心境になります。
しかし、今は電話やメールですぐに言葉を発信してしまうので、
張籍さんのように何度も書き直し、読み返し、
自分の気持ちがどれだけ込められているか、
これを読んだ人がどんな思いを抱くかなど、
あまり深く考えないで送ってしまいます。
張籍さんの『秋思』を読み返し、
改めて言葉を発信するものの責任を感じています。


スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする













(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。