スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 巨大鯰 

今朝は目覚めると予報どおりの豪雨。
日課となったウォーキングも今日無理だな・・・と思いながら
身支度をしていると、旦那が「これ読んでね」と
小冊子をテーブルの上に置いたので、覗いてみると、
表紙に「青井阿蘇神社」(人吉市)の楼門の写真が載っていた。
立派な楼門に、是非ここに行ってみたい!!と
途端にワクワクしてきた。

それから雨の中、息子をバス停まで送ってゆくと
小康状態だった雨がいよいよ止んでしまった。
今日はビーチサンダル履いて来たし、歩くのは無理と
来た道を戻っていたが、どうしても歩きたくなった。
ぬかるみに無い、いつものルートとは違う道を歩くことにした。

昨夜からの雨で、田んぼの用水路は氾濫していた。
用水路を覗くと、いつもは影に潜んでいる錦鯉たちも
濁り水につられて活発に捕食を行ているのか、
多数が水面に集まってきている。
用水路沿いに進んでゆくと、道端に茶色い物体がうごめいている。
「?????蛇???」「いや違う。太い。短い。」
恐る恐る近づくと、それは鯰だった。
50cmはあろうかという大物だ。
きっと用水路から蛙を狙って飛び出てきたのだろう。
このままでは死んでしまう。
何とか水路に戻さなくては!!
しかし、朝早くとあって人通りもなく、しかも農道。
仕方なく小雨の中を、畳んだ傘の柄で鯰をゆっくりゆっくり押しやって
水路まで運んでやった。結構重かった。

生まれて初めて見た巨大鯰に感動して
ネットで生態を調べてみると・・・・・。

”ナマズは5月はじめから梅雨にかけて産卵を行う。
産卵期には群れをなして浅い水域に集まり、水草などに産卵する。
産卵期の梅雨にまとまった降雨があると、
水田や用水路に多数の大物が現れる。”
とあった。

さらに読み進めると

”九州ではナマズが神格化されている地方がある。
熊本県玉名郡では氏神大津山阿蘇神社の一属、
佐賀県では淀姫神社の使いとされ、これらの地方では
ナマズを食べると病気になるといって食用にしない風習がある。”

なんと「青井阿蘇神社」に行きたいと思った私に
早速のお迎えが来たのだった。
ますます行かなくては!!

しかし・・・
捕獲して食べなくて、本当に良かった!!!
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

いいですね~~。阿蘇ツアー。
暑い熊本市内を抜け出て、涼を感じに行きましょうか。

ところで、今日もお会いしましたね~~。
でも、いつもバタバタしている私。
こんなに忙しなくしていると、せっかく降りて来るメッセージにも気づかず、
後で後悔しそうです。
最近気をつけていることの一つですが、
一呼吸入れて物事を始めるようにしています。
というか・・・年齢とともに出来る様になってきた気がします。
少しずつの積み重ねでも、修練になっているのですね。
ますます心の浄化、頑張りますよ~~。
青井阿蘇神社は、私も先週の土曜日から気になってまーす
あと、ご一緒した阿蘇の国造神社でも鯰のメッセージがあったよね?
白川水源にも行きたい!と同じくメールした土曜日に思ってました
最近、良く会うのはこっちもメッセージかも?
夏休みになるので、阿蘇行きは、後回しに!と思っていたけど…
夏休みに子供付きで、皆さんで行きましょうか?
この記事へコメントする













(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。