スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 悩めるコンクール 

7月6日のピティナ・コンクールを控えて、
かなりナーバスになっているマドレーヌです。
出場するのは私ではなく、息子のほうなのですが、
今回のコンクールはかなり権威あるタイトル。
しかしながら、小学校に上がり、慣れない事だらけの毎日。
学校から帰宅してお稽古事にゆき、宿題を済ませれば、
夕食をとりながら夢の中へ・・・・ということもしばしば。
ピアノの練習も疎かで、とてもコンクールに出場するはいえない状態。
練習量も出場前のものとは程遠く、
先週のピアノレッスンではとうとう、先生から三行半を突きつけられ、
子供以上に親のほうが反省する次第です。
このままコンクールに出場させるべきなのか、
大きな傷を受けないうちに辞退すべきなのか。
未完成のまま出場しても結果は見えている。
でも、練習しなければ出なくてもいいんだと、
安易に考えられても困るし。

悩みながらも、諦め切れずに今日も1日中、ピアノの練習。
ふと、窓から階下の公園に目をやれば、
思いっきり走り回って遊んでいる近所の男の子達。
私は一体何をしているのだろうか??
これで息子は幸せなのだろうか??
疑問に思いながら、”YOU TUBE”で”FURA”のVTRを閲覧していると
今回参加するコンクールの昨年度の入賞された方達のVTRが
出てきたのです。
ビックリです。
YOU TUBEって凄いですね。
早速、子供と一緒に鑑賞しました。
頑張るとこんなに上手になれるという、目標が出来たようで、
子供の練習に対する姿勢が少し変わってきたのです。
今までは、なぜ頑張らなくてはいけないのか??
ただただ機械的に繰り返し弾くだけで、
感情移入も出来ていなかったのに・・・。
あまりイメージが出来てなかったのかも。

最近周りにもピアノを習っているお友達が増え、
みんなも頑張っているのだから・・・という気持ちも出てきたようです。
今回YOU TUBEで鑑賞したVTR。

是非皆さんにも見ていただけたらと思い、
下記にアドレス転載してます。


2008年3月23日に行われた、
第31回ピティナ・ピアノコン ペティション入賞者記念コンサートの映像です。
3.A1級[金賞]森脇 央佳/フンメル:ロンド ハ長調

http://jp.youtube.com/watch?v=oru8CaOv1gU&feature=related
2008年3月23日に行われた、
第31回ピティナ・ピアノコン ペティション入賞者記念コンサートの映像です。
1.C級金賞 鈴木 椋太さん/チェイコフスキー:「四季」 Op.37より「2月 謝肉祭」

http://jp.youtube.com/watch?v=KozOqTuO5JA&NR=1
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする













(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。