スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『日清マン10則』 

会計事務所から頂いた通信に 

『今月のことば』
『やれそうもないことを成し遂げるのが
仕事というものである。
(安藤百福)』

とあった。 

やれることだけを仕事として選んでいる私には、
ちょっと敬遠したいことばである。

安藤百福さんといえば、あの『日清食品』の創業者。
安藤さんは、自宅の庭の小屋で
インスタントラーメンの研究を始め、
チキンラーメンを商品化した人だ。
これはNHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」でも
紹介されていたので 記憶にある方も多いと思う。
 
どんぶりに乾麺とスープを入れて、
お湯を注ぐだけでおいしく食べられる。
画期的で近未来的なこの即席ラーメンは
瞬く間に人気商品となり、
その後、、1971年9月18日に世界初のカップ麺
「日清カップヌードル」にまで進化した。
その頃小学生だった私は、
この宇宙的食品カップヌードルの虜になった。
もちろん、戦後育ちの親には
異様な食品としか思えなかったらしく、
あまり口にすることは出来なかった。
そして2001年には、
本当にスペースシャトル「ディスカバリー」に乗って
宇宙へ行き、 本当の宇宙食となった。
 
その偉業を見届けたかのように、
百福さんは2007年1月5日に96歳で永眠された。
亡くなられる前日には仕事始めで
社員を前に約30分の訓辞を行い、
昼休みには社員と餅入りのチキンラーメンを
お食べになったとか。
 
本当に一代で『やれそうもないことを』成し遂げた人だ。
これだけの仕事を成し遂げるために何が必要で、
何が大事だったのか。
興味が湧いてきて、日清HPを拝見すると、
『日清マン10則』なるものを発見。

『日清マン10則』

 
1.顧客の満足のために、本物だけを全力で売れ。
2.日清食品のグランド・デザインを描け。
3.ブランド・オーナーシップを持て。
4.ファーストエントリーを誇りとせよ。
5.常にカテゴリーNO.1をめざせ。
6.実感したことを自分の言葉でしゃべれ。
7.逃げるな。立ち向かえ。
8.不可能に挑戦し、ブレーク・スルーせよ。
9.セクショナリズムと闘え。
10.決断なき上司は無能と思え。社長へ直訴せよ。

 

         
これはまさしく成功哲学。
そして私への十戒!
結構乱暴な企業規則に思えるが、
自分の『気』を商品に込めて、
宇宙まで飛ばした人の信念が伝わってくる。
企業マンのみならず、人間としての生き方として
大事なことを謳っている。
さっそく、全スタッフにメール配信。

昨今、食品偽装が多く行われている中で、
百福さん亡き後も、この企業理念を大切に
商品製造されている『日清食品』さんに拍手を送りたい。

そして、百福さん、キーワードをありがとう。

私も一企業に属するものとして、
もう一度、行動を見直してみます。

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする













(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。