スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 必然 

樺輪さんのブログを拝見して、改めて「光」というキーワードを受け取り、今日の茶話会では園長先生のお話の中に、また神の存在を実感する事が出来ました。
やはり、私たちの出会いは偶然ではなく、必然として一分の狂いもなく準備されているのです。
2年前、園長先生が私たちの園に赴任された経緯は、まるで針のような細い管を光が通り抜けていく程の奇跡の上に準備されていました。
同じ頃、息子たちのクラスは半数が退園され、残された半数が不安で肩を寄せ合い、新しい試練や外敵から子供達を守ろうと、親が心に鎧を付けていた頃です。
そこに赴任してこられた新しい園長先生の方針に猜疑心を抱き、憶測で考え、信じるという行為を忘れかけていました。その中でも、園長先生は一人一人に耳を傾け、受け入れ、また一日で親子の名前、顔を完璧に分かっておられました。そしてなにより子供達が一番の信頼を持つようになったのです。  
残された14人の子供達は、実は選ばれた14人だったのだと感じます。神様に選ばれて、この園にいらした園長先生と出会うため。この出会いは必然です。そして、私たち保護者にも神様とつながる事の出来る場所を与えてくださいました。昔、教会が幼稚園だったり学校であったりしたように、園は幼稚園でありながら、教会へと進化して行ってるのではないでしょうか。
園長先生のお働きによって、魂の入った聖域になったのだと思います。
しかし、聖域であればあるほど、はじかれる人も出てくるでしょう。光に当たると消えてしまう物がいるように。本当の意味で神様に愛される人達が集まる園になると思います。
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする













(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。