スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ”WWOOF”って知ってる? 


ちょっと面白い仕組みの農業体験などが出来るサイトを
見つけたのでご紹介します。
”WWOOF”とは、お金のやりとりなしで、
「食事・宿泊場所」と「労働力」を交換するしくみです。
ウーファーには、「働き手」と「受け入れ先」があり、
登録会員だけが利用できるそうです。
ウーファーで得ることが出来るのは
「有機農業」「環境」「田舎での生活」「自然」「人」「生き方」など、
多種多様な生きた体験です。
体を動かすことが嫌な方には不向きかも知れませんが、
この仕組みを知ったとき、是非息子に体験させたいと思いました。
酪農や、農業など、自分達が口に入れるものがどのようにして
作られているのか。
色々な命を食べて自分達が生きていることを知ること。
そして、その生産者の方達の生の声を聞くことが出来る
絶好の機会だと思ったのです。
また、よその釜の飯を食べる経験は、
今の日本ではなかなか体験できませんよね。
一週間滞在したぐらいで何がわかるのか??とも
思いますが、解かるための糸口にはなるのではないでしょうか。

ウーファーは、「ボランティアではありません。」とありますが
うまく人間関係、コミュニケーションがとれれば、
労力をあげる側と、衣食住をあげる側と、
お互いが無いものを与え合うという素晴らしい
ボランティアにもなるのではとないかと思います。

また、”WWOOF”のすごいところは、
国内だけでなく、海外にも体験できるホストがあるのです。
ホスト側が受け入れてくれるなら、夏休みはオーストラリアで
親子で酪農!も実現出来る訳です。
しかも、お金もかけずに。
仕事はかなりハードかと思いますが、
かなり貴重な体験ができるはず。

実は、我が田舎にも田畑がありまして、
一部は休耕田としてほったらかしてますが、
一部は近くにある第3セクターの研修施設で
農業体験をする子供たちのために提供しています。
また、茶畑なども両親がしっかり管理してますが、
私たちの代になったら、遠方からどう管理していいものかと
常々考えております。
”WWOOF”の仕組みを知り、もしかしたら休耕田も
うまく活用できるのではないかと模索中です。
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

コメント、ありがとうございます。
昨日はPOLLYちゃんと二回もシンクロよ!
昨日、チャリポリルームのブログを見ているときにPOLLYちゃんからコメントを頂き、ブログで書かれていた親子聖歌隊っていいなぁと思いながら、YMCAに息子を迎えに行くと、親子ゴスペル隊募集のチラシを見つけ、只只、ぉおーすごい情報が降ってくるぞーと、一人で感動してました。
これはまさに情報との出会いですよね。
“やれってことなのかなぁ”と思ったり、違う意味を考えてみたりです。
そのうち答えも降りてくるかなぁ。
このWWOOFとやら
ものすごく興味があります。
私は娘と本当は農村留学したくて
ずっとこのようなものを探しておりました。

牛やヤギや羊などの動物が大好きで
めちゃめちゃ癒されます。
留学先の田舎の小学校に通い
自然の中で労働も普通にしながら
のびのび育てられたらどんなにいいだろうと
いつも思っていました。

これは使えそうですが
子供はまだ無理なのかな???

いい情報ありがとうございました。
阿蘇とかあったらすぐにでも行くのですが・・・
この記事へコメントする













(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。