2008年05月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 水疱瘡じゃなかった・・・・ 

昨日、深夜に帰宅した主人の食事につきあいながら、
来週子供が学校へ行っている間に
福岡まで買い物に行きたいと話した。
しかし、良く思わなかったようで、
「急に子供に何かあって、
学校から呼び出しがあったらどうするんだ。
福岡から帰熊するのに何時間かかると思ってるのか」
と、尋ねられた。
「朝の体調を観れば様子が分かるし、
何とかなるよ。」
と言ったものの少し心配になってきた。

そして今朝、息子は休日だというのに
6時前から起きてごそごそしている。
「お母さん、お腹すいた。ご飯作って。」
ご所望のチーズトーストを作り、
ウォーキングに出かけようとすると、珍しいことに
「お母さん、一緒にいてよ。僕なんかおかしい気がする。」
何言ってるんだ・・・と思いながらも、
ウォーキングに出掛けることが出来ず、
洗濯機をセットしてキッチンに戻って息子の皿を見ると
全然トーストもかじってない。
本当におかしいかも・・・と、思いふと腕を見ると
小さな赤いブツブツが沢山出来ている。
あーーっ、いよいよ水疱瘡にかかったかも!
幼稚園でどんなに水疱瘡が流行ってもかからなかった息子にも、
いよいよ水疱瘡菌がやってきた。
一週間戦いの日々が始まるぞ!!
そう思いながら朝一番で病院へ連れて行った。
しかし、診断は意外にもジンマシン。
あらら・・・・・。
原因は解らず、食べ物なのか、ストレスなのか、
急に日光を浴びすぎても出るそうで。
いずれにしても、免疫力の低下とか。
新しい環境にも慣れ、何とか5月も乗り切れたと思っていたら。
やっぱり、見えないけど疲れが溜まっていたのかも。
少しのんびりタイムが必要かな。

そして、昨夜主人に言われた言葉が頭をよぎった。
本当に子供の体調を甘く見てはいけない。
体調は見えないところで変化している。





スポンサーサイト

 フラは「踊り」という意味 

水曜日に習ったフラ。
「来月までに覚えておいてください。」と言われ
思う出そうとするが、1度習ったくらいでは全く思い出せない。
でも先生が言われたことが何度も頭の中を過ぎってゆく。
『この曲は大人になった男性が、子供の頃に行った
海辺のおばあさんの家を懐かしみ、おばあさんに愛を伝える歌です。
皆さんも愛するおばあさんの事を思って、心で踊ればいいんですよ。』

本来、フラは「踊り」という意味。
文字がなかった時代に神々の伝説や先祖の話を伝える手段として、
また、火山の噴火があったとき、神の怒りを静めるために踊るなど、
神聖な意味を持っていた。
フラは神への畏敬の念をあらわす神聖な踊り。
そのフラも現代においては、ハワイアンの心をあらわす表現方法として、
とても身近な文化になっている。
ポップスに合わせて踊るなんて、
古代のフラダンサーが聞いたらビックリするのではないだろうか。
なんたって、神聖な踊りですから。
でも、踊りながら自然と一体化、宇宙と一体化するところは
思いっきり瞑想状態。しかも、無心になれる。

とりあえず、亡くなった祖母の事を思いながら踊ってみた。
すると、忘れていた祖母の匂いが鼻の奥で感じられ、
急に祖母が側に居るような感覚がしてきた。
上手く繋がったか??

きっと、古人もこんな感覚で神々と繋がろうとしていたはずだ。
これって日本の神楽に似てる。
キリスト教は賛美歌で神を讃えるが、
音楽と踊りの融合で神を讃え、交信をするところは
至って日本的(どっちが先か?)だと思う。
瞑想が”不動”なのに対して、フラは”動”で気を操っているように思う。

フラの事をもっと学びたくなった。

 「天使からあなたへの50の伝言」3 

今日も息子からお土産をいただきました。

「天使からあなたへの50の伝言」

~苦しみのなかにも
  必ず喜びの「芽」が隠されています~

あまり苦しみを体験したことのない私には
沁みてこない言葉です。
でも、この言葉を心の糧に、
歩き続ける人が居る事を忘れないでいたいと思います。

息子からのお土産、しばらく続きそうです。

 フラ 

ずっと習いたいと思っていたフラダンス。
今日は見学に行ってきました。
『見学』のつもりだったのに、思いっきり躍らせていただきました。
曲は”ケアリーレイチェル”バージョンの「なだそうそう」
詩の内容も、森山良子が歌うのとはちょっと違い、
大きくなった孫が、海辺にあったおばあさんの家を懐かしむ
といった内容です。
フラはご存知のように一つ一つの振りに意味があり、
花、海、波、月、・・・・などなど、自然界のものを
両手を使って美しいしぐさで表現します。
その中でも今日一番感動したのが、
おばあさんの魂を自分のコア(子宮のあたり)の中に呼び戻し、
今でも愛していると伝える・・・といったところです。
とてもナチュラルな表現法だけど、
結構ウルっと来そうな、素直な心になれました。
ただ、曲に合わせて踊るのではなく、
その人の感情を自分の感情に置き換えて、
心から表現するのです。
難しいですね。

ゆったりとした曲と、先生の素晴らしい踊りにすっかり癒され、
フラの魅力に益々取りつかれてしまいました。
フラは魂の踊りです。
踊りながら、瞑想の世界に引き込まれそうになります。
奥が深い!!
来月から頑張りますよ~~。


 「天使からあなたへ50の伝言」2 

今日も息子から
「天使からあなたへ50の伝言」
をお土産に貰いました。

今日の御言葉は
「人をうらやむと自分を大切にできなくなります」

本当にそうです。
人をうらやむと、きりが無い。
自分には自分にあった身の丈の幸せがあるし、
自分にしか解からない幸せがある。
自分だから感じられる幸せがある。
自分だから愛してくれる人が居る。
自分だから愛せる人が居る。
自分だから解かる悲しみがある。
自分だから解かる喜びがある。

しっかり自分を楽しもう。
しっかり自分を大切にしよう。
自分のため、私を愛してくれる人のため。

息子が何気なく持って帰ってくる「天使から伝言」
きっと、天使さまのお導きだと思えてきた。
この伝言は私の為に用意されていたのだと。



 パワーシューズ?? 

昨日購入してランニングシューズ。
まだ履きたくないと言っていたのに
今朝出かけるときになって、
「やっぱり履いて行く」と言い出した。
今日の体育の時間、
時間割には「ならび方の練習」と書いてあったが、
「きっとリレーの練習があるような気がする・・・」と
息子が言った。予感??
「きっとこの靴で走ったら早いよ~~!!
お母ちゃん、パワー注入しますからね~。」
といって、ハンドパワーのしぐさをして見せた。

予感は見事的中。
しっかりリレーの練習があったらしい。
帰宅するなり、嬉しそうに
「お母さん、あの靴を履いて走ったら1番になったよ。
凄いね、あの靴!!魔法の靴かな・・・。
だって、上通りで買ってきたんだもんね~~。」

すご~~い、メンタル効果。
リレー用のシューズと思っただけで
早く走れるんですね。
気の持ちようってやつでしょうか。
こんなに効き目があるのなら
毎朝パワー注入してあげなくては。
ちょっとした心配りで、1日を安定した精神で
楽しく過ごしてくれるなら
こんなに簡単なことは無いですね。

そういえば、今日子育てに疲れたという友達が
「パワーを貰いに来た。」といって訪ねて来た。
2時間程小学校や幼稚園の事を話すと
「あー、、、すっきりした。また頑張るわ~~。」
といって笑顔で戻っていったが、
これは一時的な発散法で、
根本的に癒されてない気がする。
きっと2.3日うちにまた訪ねて来るぞ~~。






  

入学2ヶ月目にして、通学用バッグに不備が出たので、
修理のため、上通りのカバン屋さんに行ってきました。
実は息子にとっては初めての上通り散策。
色々と珍しいお店にひっかかり、なかなか目的地へ着きません。

途中、『上通りYMCA』を発見した息子は興味津々で
中に入ってゆきます。
すると、入り口に自分の写ったポスターを発見してビックリ。
私もビックリ。こんな街中に・・・。
しかも、懐かしい体操服姿。
思わず、記念撮影してきました。


上通りYMCA


やっとカバン屋さんに到着して修理依頼をすると
出来上がりに1時間かかるとのこと。
時間つぶしに再度、上通り散策。
ビーズ屋さん、ペット屋さん、本屋さん
スポーツ用品店・・・・。
いつも大型ショッピングセンターでお買い物をしているので、
1軒、1軒孤立している商店街と、車の通らない通りが
不思議だったようです。

それから説明に困った自動販売機。
タバコ自動販売機と仲良く並ぶ、でもちょっとタバコとは違う
小箱の並んだ自動販売機。
子供って変わったものに目ざとく気づくのが早い。
興味深く訊ねられるものの、誤魔化すのに困りました。

そうだ、初上通り記念に何か買ってやろうと思い、
ちょうど今体育でリレーの練習をしているので
ランニング用のシューズを買ってやりました。
これで、ボロボロになっても履き続けている
トミカのスポーツカーシューズと決別してくれるだろうか。
「今日は新しい靴を履いて帰ってもいいよ。」というと、
「僕はスポーツカーシューズが好きだから・・・。」
ランニングシューズの出番はまだまだ先になりそうです。

1時間後にカバンを取りに伺うと、
「6年間保証です。
どんな修理もお任せください。」と優しい笑顔。
6年間も保証していただけるなんて、頼もしいですね~~。
でも6年間、大事に使おうね。


 祝!!ウォーキング10日目~~ 

いつも三日坊主の私ですが、
今回は何とか続いているウォーキングです。
天候にも恵まれ、毎朝気持ちよく歩かせていただいてます。
パンダ公園で行き交うおじいちゃま、おばあちゃまたちとも
だいぶ、顔なじみになってきて、
”見かけない人レベル”を脱し、
”近所の人かしら?レベル”にUPしそうです。

ところで、いつもは車で素通りする道も、
歩いていると色んなことを発見します。
今、1番驚いているのは、
分譲住宅地になりそうなところの埋め立て。
毎日ダンプが入れ替わりで土を運んできているので
ウォーキングの途中で見に行ってみました。
すると・・・・絶句です。
土の中身は腐敗しきれないゴミや、
プラスチックの破片。木片。
色んなものが混ざっています。
うっ・・・・、匂いも結構あります。

きっとこの上に、見える部分だけ綺麗な土を載せ、
その上に立派な、お洒落な家が建ってゆくんでしょう。
ここは高級住宅街で名が通った場所。
しかし、土の中から発せられるゴミのガスやいやーな波動。
知らずに住んでいるとモロ、体調崩しそうです。
知らないと言うことは、怖いです。
このあたりに土地を探している方、
ご注意くだされ。(営業妨害??)

以前、”イヤシロチ”のお話しがありましたが、
その土地が発するエネルギーは大事です。
出来ることなら、炭・塩などを埋めて
土地の気を上げる事って本当に大事だな・・・と思います。

それからいつも楽しみにしているバラ屋敷。
たくさんのオールドローズもいよいよ枯れ始めました。
見られなくなるのを残念に思ってましたが、
最後の1輪までしっかりお手入れをされ、
短く切ったバラは花瓶に入れて玄関の前に飾ってあるではないですか。
しかも、花びらも籠に入れて干してあります。
ポプリ用でしょうか、バラ風呂用でしょうか、
はたまた、サシェ用でしょうか・・・。
色々妄想は膨らみます。
いずれにしても本当にバラがお好きなのでしょう。
バラからたくさんのパワーを貰われているようです。
(・・・・・憶測ですが。)
見ているだけで心が浄化されます。

来年の春を楽しみに、頑張ってウォーキング続けます。




 半袖のシャツ 

朝、天気予報を見ていたら
気温が上がりそうだったので
子供の制服も半袖のシャツに衣替え。
起きて来た息子に
「今日は暑くなるらしいから、半袖にしといたよ。」
といったが、返事が無いので子供部屋を覗きに行くと、
制服のかかったハンガーを見つめ青くなっている。
具合が悪いのだろうか。
「どうしたの???」
すると、半べそ顔で
「お母さん、長袖のシャツ、切っちゃったの???」
「???」
なんという発想!!
袖も、色も一緒で、袖だけが短くなっているから
袖を切って短くしたと思ったのでしょう。
「切ってないよ。最初から半袖になっているシャツを買ったんだよ。」
「あ~~、ビックリした。良かった・・・。」

ほっとする息子を見ながら、はっと思った。
そうだ、切ればよかった!!
どうせ、冬には小さくて着られなくなる長袖。
わずか30日しか着ていないのに。
切って半袖にすればよかったんだ。
~~残念。
来年からはそうします。



 アンティークショップ 

火曜日のランチ会のあと、
マリア様を探しているパラムローズさんと樺輪さんを誘って
アンティークショップへ行った。
ここは結構有名なアンティークショップで
私の料理教室の師匠は、ここで見つけたガラス食器の
コレクションに囲まれて生活することを至福としている。
アンティーク好きには堪らないお店だ。

しかし、お店に着いた途端、敏感な樺輪さんとパラムローズさんは
様子がおかしい。
ごそごそとマリア像を探す私を横目に店に入るのを
ためらっている様子。
”あー、連れて来るんじゃなかったかな~”
しかも今日は満月効果か、いつもよりざわざわしている。
2階へ上がり、私は一台のアンティークピアノを見つけ
弾いてみた。音が出ない鍵盤のほうが多い。
奥を覗くと椅子がずら~~り。
あ~~、いるいる。
以前から気になっていたが、ここはチャーチ・チェアが多い。

「ここ、みんな夜な夜なダンスしてるよね~~。」
樺輪さんがボソッと一言。

結局目当てのマリア像は見つからず、
3人で店を後にした。

帰宅してポストを覗くと、
今行ってきたアンティークショップのチラシが入っていた。
なんというタイミング。

そして前日ピアノの先生に借りた楽譜をパラパラ見ていると
一曲気になる曲があり、たどたどしい手つきで弾いてみた。
その曲はページェント(クリスマス礼拝)のとき
I先生が弾いていた曲だった。
あー、「サラバンド」って宗教曲か・・・。
何となくI先生を思い出し嬉しくなった。
それから、2日間暇さえあれば弾いていた。
またその楽譜を見ていると、最後のページに
***「サラバンド」とは古典舞踏曲の意味***
と、書いてあった。

なんとなく触ったアンティークピアノ。
きっとアンティークなピアノ弾きを連れてきてしまったような。
どうしよう、この人・・・・・。
と思ったら、音の出るピアノを聴いて浄化できたのか、
満月に向かって飛んでいってしまった。








 賛美歌を歌おう!! 

賛美歌とは神を賛美するために歌うもの。
聖書が神から贈られた言葉ならば、
賛美歌は人間が神との交信を願う、
人間と神とを結ぶための手段。
「神様、どうぞ私という人間が居ることをお見知りおきください~~♪
あなたに出会えて幸せです~~♪」
といったラブソングのようなもの・・・。
賛美歌は礼拝堂において、すべての参列者が精神を共鳴し合い、
一体感をもって神を崇める為にうたうもの。

学生の頃、賛美歌の歌い方として、
「神様が喜ばれるように歌いなさい。
霊性をもって歌いなさい。
天と繋がるように歌いなさい。」と
ご指導を戴いた。
日に3度の礼拝で賛美歌を歌っていると
なんとなく繋がりどころが解かってくる。
特にサビの部分は繋がるように出来ている。
まさしく高音部分。
頭のてっぺんから声を出すと、
百会が開いてうまく神様と交信できる。
昔の人はちゃんと解かっていて
賛美歌を作曲しているように思われる。
礼拝でよく歌われる

・いつくしみふかき

・しんこうこそたびじ


などは繋がり易い曲だと思う。

しかも宗教音楽は美しい!!
神と向かい合いたいとき、
礼拝堂に行かなくても、
霊性をもって賛美歌を歌えば
ある程度は浄化されると思う。

いまでは子供のほうがたくさんの賛美歌を知っているが
残念なことに歌詞の意味をよく理解していない。
いくら上手に歌っても、意味を理解していないと繋がり難い。
歌詞の意味をしっかり理解し、霊性をもって賛美歌を歌いましょう。





 パワーアップ会 最終回 

今日は2ヶ月ぶりにパワーアップ会に参加してきました。
しかし残念ながら、今日は最終回。
1年余りの会でしたが、たくさんの気づきや学びを頂いた、
本当に素晴らしい会でした。
悩みや不安を抱えた方々もこの会に参加して
随分救われ、我を知り、改め、より良い日々を送るための
アドバイスやコツをいただくことが出来ました。
当たり前と思われることも、自分が渦中の人となったときは
見失ってしまうものです。
でもこの会に参加することで、見失ったものの大切さや、
間違いに気づかされ、また、頑張ろうと思えたのです。
この会がなくなってしまうのはとても残念ですが、
今まで教えていただいたことを、忘れず、
ますます精進してゆきたいと思います。

一緒に学んだ皆さん、
本当にありがとうございました。
それから、よりよく生きるためのヒントをたくさん下さった
樺輪さん、ありがとうございました。
あなたのお陰で園の保護者もまとまって、
お互いが認め合う素晴らしい関係を築けたと思います。
たくさんの種を持ち、みんなそれぞれの場所で
花を咲かせてゆくと思います。


 「天使からあなたへの50の伝言」 

息子が通うスイミング教室の受付においてある
「天使からあなたへの50の伝言」。
細い帯にメッセージが書かれ、
小さく小さく折られて、かごの中に入れてあります。

今日も素敵なメッセージを頂いてきました。

*** 幸せは毎日の積み重ねでつくられます ***

息子に「どういうこと?」と聞かれて
「毎日ありがとうという気持ちを忘れずにいると
いつの間にか幸せになってる・・・てことかな」
というと、
「僕はもうしあわせだから、これ、おかあちゃんにあげる。」

「・・・・・ありがとう。」

あっ・・、貰ってしまった。

*** 幸せは毎日の積み重ねでつくられます ***

もう一度読み返してみると
やっぱりこれは私へのメッセージだったのかもと
思えてきた。

つべこべ考えずに、素直に感謝しよう。


 「失敗しちゃった・・」 

小学校に入学して1ケ月以上が過ぎ、
少し緊張感が緩んできたのか、
金曜日はバスの降車場所を乗り過ごし、
一区間分を歩いてきたらしい。
なんとか冷静に対処できたようで、
間違えたことで良い勉強をしたようだ。

お金を持たないので、バスカードで
不足分を払ってきたのかと訊ねると、
払わずに降りてきたとのこと。
きっとバスの運手士さんのお計らいだろう。
有難いです。
いろんな人に見守られて、助けられて
今日も無事に戻って来れたこと。
しっかり感謝しようね。
そして、自分も困った人が居たら
そっと助けられる人になるんだよ。



 ピクニック 

今日は子供立ちが通う英語スクールのピクニック。
小学生からは親同伴禁止!!・・・・・しかし、
3歳のときから毎年家族で一緒に参加していた
年1回の楽しいイベント!
子離れできない私とJUJUさんは、ランチを小脇に
こっそり動植物園に潜り込んだ。
土曜日とあって多くの保育園、子供会が訪れていた。
”わーっ!!光っている!!”
動植物園に入った途端、中は輝きで満ちていた。
子供たちの”嬉しい””楽しい”パワーで
地面から1m上くらいまでが銀色の絨毯を引きつめたように
キラキラと輝いて、とても綺麗だ。
子供達が群れているところと、
そうでない所の差がしっかり出ている様な気がした。
動植物園の横には大きな湖もあり、綺麗な水が湧き、
きっとマイナスイオンもいっぱいの筈。
結構、良い場所なのかも。

木陰に座って、しばし子供達一行を偵察していたが、
爽やかな風に吹かれ、子供達の楽しく賑やかな声を聞いていると
とても満たされた、幸せな気持ちになっていった。
本当に平和だな~~。
まもなく子供たちのピクニックも終わり、
今度は子供たちと合流して、園内を散策。
温室では大きなバナナやモンキーバナナ、
美しい胡蝶蘭などを観賞した。
いつの間にか4時を回り、辺りを見回すと、
すっかり子供たちも少なくなり、
午前中あんなに輝いて見えた場所が
斜陽に照らされ、ひっそりとしていた。
久しぶりに楽しい1日でした。


 パンダ公園までお散歩 

今日は爽やかな風も吹き、とても気持ちのいい朝でしたね。
バス停で子供を見送ると、まっすぐ家に戻るのがもったいないと
そのまま、パンダ公園までお散歩しました。
朝一番の新鮮な空気をたっぷり吸いながら歩いてゆくと、
少しずつ体が楽になってゆき、足取りも軽くなってゆきます。
新鮮な空気が体の中の汚れを押し出してゆくようです。
同じリズムでずんずん歩いていると、なんとなく瞑想状態。
ん??いいぞこれ!!とっても気持ちいい!!
さらに公園など木々の間を歩けば、街中なれど森林浴効果。
近くを通る大通りの騒音が気になりますが、
季節の移り変わりなども眺めたり・・・。
30分も歩くと、自分の中のマイナス思考も
いつの間にかプラスに変わっているような。
パンダ公園の中をぐるぐる歩きながら、
明日も歩こう!!と誓ったのでした。

さあ、今日も1日張り切って行きましょう!!


 6,672,453,928  ・・・・  只今の世界人口 

昨日、今日とまだまだ波動の歪みが感じられます。
今日もうっすらですが、普賢岳の空から熊本方面に向けて
筋状の雲が流れていました。
どうして雲に影響するのか、科学的な根拠があるのか、
など地震と波動の関係を調べていたら、「なるほど」と、
とても共感できるサイトを見つけましたので、ご紹介します。

『心と意識の学び クリスタルマインドについて』より
~パルス波動~
携帯でご覧の方も多いので下記に抜粋させていただきます。

*************************************************
 『心と意識の学び クリスタルマインドについて』より
        ~パルス波動~

地震とは、地中深くにある大陸プレートや海洋プレートが、
数センチずつのズレにより岩石が破壊されることによって起きてきます。
プレート間地震以外にも、火山活動によって起きる火山性地震 。
ダムに貯水したときなどに、地下の岩盤にかかる力が変化して
誘発される誘発性地震 。 爆発などの人工的な衝撃によって起こる
人工地震など様々な種類があります。
地震が起きるまえに小さな雲が集合したウロコ状の雲や筋状の雲、
竜巻状の雲とさま様な雲を見かけることがありますが、この現象は
地中の岩盤にズレが生じた時、この衝撃による電磁場波動が発生します。
地中に溜まっている電磁場波動が地上に放出されるとき、
大気中の水分に反応しこのような雲が現れる場合が多いですが、
空気が乾燥しているときは現われにくいです。
電磁場エネルギーの強い震源地付近では、竜巻き状の雲が現われたりします。

パルス波動の電磁場エネルギーが放出されたときに、
空気と摩擦をおこし稲妻のような青白い光を発します。
阪神の地震の際、あたり一面に青白い光やまた閃光を見たということを
多く聞きますが、この光のことです。
また前兆として地中深くにエネルギー的うねりが生じるため、
動物たちはこの波動をいち早くキャッチします。
モグラやナマズ、ネズミなどの行動に異変が起きたりするというのは
この波動をキャッチするからです。

地震は自然に起きるだけではなく、人が発するマイナスエネルギー
またパルス波動の蓄積の影響によっても地震は起きてきます。

人間が発するネガティブな怒り、妬み、怨み、恐怖、悪口などによる
悪想念のマイナス波動や、また破壊的行為の戦争や爆発物、
核実験などによるパルス波動(パルスエネルギー)は重いので
地中の深くに浸透し蓄積され、限界が来たときにパルスエネルギーを
地上に放出するため、地震が起きてきます。
意識の世界からその状況を観ると、過去の地震で蓄積されている
パルスエネルギーは完全に出きらず、地震が起きるたびに断層がすべって、
それによって出来た隙間のようなポケットに、パルスエネルギーが集まってきています。

地震は本来自然に起きるものではなく、
人類の長い歴史の中の悪想念や破壊的行為、
また核実験等で出すパルス波動によるもので、
パルス波動は重いので地中奥深くに蓄積され浸透しています。

地震も深い所に溜まっているエネルギーほど放出力が強くなり、
規模も震度が大きくなってきます。水脈を通してどこにでも繋がっていますので、
いずれ大きな地震となって現われてきます。
このパルスエネルギーが地中奥深くに多く溜まり過ぎると、
火山噴火なども起こり出し、天変地異的な規模で
人類の危機というようなことにもなりかねません。

    
****************************************************************



『パルス波動』
私も初めて聞く言葉ですが、
気で感じていたのはこれだ・・と確信しました。

ご存知の通り、地球には”引力”と言うものがございまして、
これは人類生物地球上のありとあらゆるものが
宇宙に落っこちないように、いわば宇宙にご迷惑がかからないように
地球が自力で行うろ過作業のようなもの??。
きっと”悪い気”も、地球で起こる諍い等も
地球で起こることは全部自分で吸い込んで、吸い込んで、
もう堪らない!!!と思ったところで爆発させているんだろうな。
そういう意味では、戦争を起こしたり、悪事を働いたりと、
すべては人間のツケが廻って来たということでしょうか。
「アセンション」ではないかと危惧されていますが、
これも神のプログラミングの序章なのでしょうか。
ミャンマー・サイクロンで不明者22万人、死者6万~10万人 (国連推計)
中国大地震で3万人が消息を絶ったわけです。
くしくも今月始めに世界人口が66億66,666,666人を越え、
まもなく66億8千万人です。 (『世界時計』)
ここ10年の間に10億の人口が増え、
40年後には100億になるそうです。
人口が100億になり、100億の人が生活すると言うことは、
地球はほぼ破壊されるということです。
地球は地球なりに防衛策を考えていると言うことでしょうか。


 対岸の火事?? 


昨夜、「大蛇を見た・・・」は、地震の前兆現象だったかも・・・と、
目撃した小動物のことを書きましたが、
その後考えると他にも色んなことを思い出しました。

たとえば、

■11日午前、裏庭の桜の樹で蝉が鳴いていたと息子が教えに来たのに、
 見に行かなかった。大蛇を見たのもこの桜の樹の側!!

■11日午前、庭のあちこちに大きなミミズが出ていた。

■11日午後、北西の空に櫛を通した様に綺麗な筋状の雲が
 たくさん流れ、旦那と眺めた。

■12日午後2時過ぎ、運転中に急に(先天性耳ろう孔)が熱くなり、
 腫れて痛みがでる。未だに痛みが引かない。(早く病院に行けってか。)

  ※先天性耳ろう孔= 40人に一人の奇形で、胎児のときに出来た魚のエラのなごり。
               この穴があると蛇が怖くないという言い伝えが有り、
               実際蛇は怖くありません。


いずれも偶然といえば、偶然ですが、
ちょっと気になるので記しておきます。

実は今日も出勤途中、健軍神社に駆け込む二匹(つがい??)のイタチを目撃。
竜門山断層が250KMに渡って動いたということは、
その周りの断層にも歪が来てる筈。
もしかして・・・・と、かなり心配になってきました。
取り越し苦労で済んでほしい。
でも、朝からメディアで「対岸の火事ではない!!」と訴えられると、
その言葉が耳について離れません。
もし大地震が起こったときの対処法は? 備えは?
しかも日本の公立学校の44%はM7.5に耐え得る耐震強度がないそうです。
しかも、そんな学校が各地で避難所に指定されてるわけですから
笑ってしまいます。
きっと学校に避難するより、自宅のマンションに居たほうが安心だと思います。
もし12日の中国大震災が日本で起こるなら、
あの惨状がそっくりそのまま私たちのことになるのです。
そのことを知りながら、子供を学校に送り出すことにも不安が募ります。
もし大地震が起こったら二度と会えない覚悟で
送り出さなければいけないのですから。
国や県は、新幹線だ、空港整備だ、高速だ、という前に、
子供たちが安心して学校生活を送れる環境を整えることが
先なのではないしょうか???
湯水のように使われる税金。
一体何校の耐震補強工事が出来るのでしょうか。



 地震予知?? 

昨日、中国での地震速報をTVで視た時、息子に
「お母さん、中国で龍が暴れたのかな・・」
と尋ねられた。
中国と言えば、龍。
いつも視聴するNHK中国語講座の画面でもCGの龍が空を舞っている。
子供ならではの発想に
「なるほど、地中の龍が暴れたのかもね・・・。怒らせると怖いね。」
と答えて、その場は終わった。

そして今夜のニュースで震源地がチベットの「竜門山」と言う
ところだったと知った途端に、色んな事が頭をよぎって行った。
今月4日の『砂曼荼羅』を見に行ったときに、
偶然見つけた密教の仏様。
けして優しいとは言えない厳しい顔立ちに、
居心地が悪くそそくさと部屋を退散した。
やはり、チベットの神々は怒っているのか?

そして、日曜日に実家の庭で目撃した大蛇や、大きなこうもり。
実はあの日、畑に向かう道端でも他にも3匹の蛇に出会った。
”暖かくなって来たからね・・・。”なんて悠長なことを考えていたが、
本来なら地中や暗闇に生きる生物。
わざわざ危険を犯してまで人前に現れたのは、
彼らなりに地震発生のメッセージを伝えたかったのかも・・・。
しかも、何度も何度も現れてくれたのに、
見過ごしていた事に大後悔です。

もっと自然界の声をしっかり聞かなくてはと反省しています。

どうか被災者の方が、痛みや悲しみから早く救われますことを
一人でも多くの方が救済されますようお祈りいたします。

■中国大地震救援金(インターネット募金)

■ミャンマー・サイクロン災害救援金(インターネット募金)

 守り蛇神様とご対面~~。 

昨日からの雨もやみ、今朝は清清しい空気で
とても気持ち良い日曜日でした。
朝から鶫の囀る声で目覚め、
冷たい水で顔を洗い、朝食の用意をしていると、
裏のお墓へ散歩に行った義父が
「大きな青大将が居るぞ~。」と呼びに来てくれたので
急いで、息子をおんぶして見に行くと、
2M以上はあろうかという青大将が、
石垣の上に大きな黒い体を横たえていました。
そこは一番朝日のあたる場所で、
まるで朝の光で体を浄化しているように見えました。
「大きいな・・・」と感心していると、足元に動くものが・・・。
なんと、もう一匹1Mくらいの蛇が同じく日光浄化中でした。
「いやー、きっと良い事あるね~」(義父)
「いや、大金が舞い込むかも!!」(旦那)
「怖い~~、逃げよう!!」(息子)
「蛇年生まれでしょ??、怖くないとっ!!!」(マド)
などと一時眺めていましたが、まもなくすーっと石垣の隙間に
消えてゆきました。
実家の庭で時々、大きな蛇の抜け殻を見かけてましたが、
こんなに大きな”蛇神さま”がいらしたとは驚きです。
嫁いで20年になりますが、やっとのご対面。
なんで今頃姿を見せてくれたのでしょうか。

こうもり


感動のうちに、朝食をとりながら蛇の話をしていると、
今度は公民館掃除から戻ってきた義母が
「車庫に大きなこうもりが居る」というので
また、食事も投げやって息子と見に行きました。
すると、ほんとうに大きなこうもりが朝の日を避けるように
車庫の屋根にぶら下がっているではないですか。
いやー、これもまた、嫁いで20年初めて見ました。

芋畑


食事が終わり、先週持ち帰った種芋を
義父が実家から700M程離れた畑に植えてくれたというので、
一人で見に行くと、鹿に食べられないようにと立派な柵を設えて、
その中に種芋が植えてありました。
これなら鹿も入れません。
しかし・・・・、
そう思った途端、側の林で鹿の鳴き声が・・・・。
あー、狙ってるな!!!

暖かくなってくると色んな生き物が活性化してくるようです。

 母の日 

今日は母の日でしたね。
うちではプレゼントなどは無かったですけど、
嬉しいことに息子から
「お母さん、生んでくれてありがとう」
という、素敵な言葉をいただきました。

きっと、おばあちゃんが刷り込んでくれたのでしょう。
判ってはいるものの、やっぱり嬉しい!!
しっかり感動を表現し、ぎゅーっとハグハグしてやりました。
4月以降慌しくて、久しぶりにハグしたような気がします。
いつもは照れるのに、今日は少しの間じっとしてました。

自分はと言うと、プレゼントは贈るものの
素直に”産んでくれてありがとう”なんて言えません。
判ってるはず・・・と思いながらも、
やっぱり言葉にしないと伝わらないかな。
でも声に出すと泣きそうだから、今からFAX送ろう。

今年も母の日にプレゼントを渡せることを
感謝します。
お母さん、いつまでも元気で居てね。




 ”なまこ”に癒される 

只今クレアで開催中の”ニューカレドニア南の海の水族館”??
いよいよ明日11日までとなり、雨の中、慌てて行ってきました。
ほとんど、JUJUさんちの娘っ子とのデートに親が付き添った・・って感じですが。
こじんまりしたスペースで結構楽しめました。



眠たい魚

↑↑↑↑
ギョギョッ???死んでるのかい???
いよいよ明日が最終日と思ってホッとしているのでしょうか。
始終寝ている魚でした。変なやつ・・・


つのだし

↑↑↑↑
体調7cmくらいの可愛い”タツノオトシゴ”(ツノダシ)。
えらの横にある鰭と、背中にちょこっと付いている鰭で
懸命に体勢を保っているのがいじらしい。


うに

↑↑↑↑
タッチング・コーナーで色んな海の仲間に触れます。
うにはよく海でも捕獲していたので、楽々触れますが、
持っているのはJUJUさんの娘っ子で、うちの息子は
怖がって逃げてました。

ひとで

↑↑↑↑
ヒトデくんも、可愛かった。
動く様子がないのに、ふっと振り返ると位置が違っていたり。
大きなヒトデに乗っかっていたり。
海の中では”だるまさんが転んだ♪”が一番上手かと思います。

なまこ

↑↑↑↑
これ”なまこ”。
間違っても○○コではありません。
なんともいえないプニョプニョ感!!!
たまりません!!!癒されます。
なまこがこんなに気持ちいい手触りだったなんて。
いつまでも触っていたい。可愛いやつでした。
海水が確保できるのなら、是非是非うちで飼いたい。
そして、癒されたいときに両手でプニョプニョしたいです。

大きなイセエビや蟹なども展示してありましたが、
”料理するとこうなる!!”といったPR写真が横にあったりで
結構大人も楽しめました。





 友、西方より来る。 

久しぶりのOFFです。
今日はエアロビクス仲間が3名遊びに来てくれました。
そのうち2名はうちの息子と同じ小学1年生のママ。
しかも今は3歳になる3人目の育児に奮闘中。
色々思い悩んでいたことも、彼女達に話すと笑い飛ばされます。
さすが、貫禄ママ。
子供3人抱えると、思考力も3倍のスピードで弾き出されるのでしょう。
一度に3人の事を考えて采配できるなんて、
一人っ子のママとしてはミラクルです。
日々積み重ねの修練の賜物ですね。

事故以来1年もエアロビクスを休んでいるのに、
忘れずに、気取らず付き合ってくれる友達。
体調のことなど心配していただき、
おまけにバイキングかと思うほどの
両手に抱えきれない「ガトーアンリ」のケーキ、
結局、みんな食べきって帰ってゆく逞しさ。

お陰で今日は腹筋が捩れるほど笑わせていただきました。
いつまでも大事な友達です。
ありがとう。



 メルちゃんご誕生おめでとう!! 

サンメイツ工房の重鎮、
ポリアンナ夫妻に可愛い姫君が誕生いたしました。
バンザーイ、おめでとう!!
もう、可愛くてスリスリしたいっっ!!!
ポリパパの鼻の下がどこまで伸びるかと
懸念してましたが、この可愛さでは仕方ない。
一緒に感動を分かち合いたい方はこちらでどうぞ!!

【ふとっちょ父ちゃんの書斎】
(勝手にリンクしてごめん)

前日、入院しているポリアンナさんにメールを入れると
どうも落ち着かない様子。
色んな心配事がメールの一行から伝わってきます。
お腹のメルちゃんのこと。
初めての帝王切開のこと。
家で母の不在生活を送る息子達のこと。
それを世話するパパのこと。
チャーリーにも不安が伝わったようで、
「執刀時間の明日2時15分、瞑想します。」とメールが来ました。
POLLYちゃんの帝王切開のときもそうでしたが、
私も、チャーリーもみんな帝王切開出産。
気持ちが痛いほど伝わってきます。

8日。仕事を1時30分に終え、急いで自宅に戻り瞑想しようと
会社の駐車場に向かうと、なんと車の運転席側の窓に
カラスの落し物がべったり!!!
こんな日に限って何なんだ!!(怒)
でも、これは「慌てて帰るな」というメッセージかも。
なんたって宮島もカラスの導きであの場所に建立されたのだから。
しかも、明日は魔の5月第2週の金曜日。
きっちり1年前に事故ってるし。
気を静めて、まずはガス・ステーションにより
洗車をして、落ち着いて自宅に戻りました。
自宅に戻ると2時調度。
早速瞑想タイム。
POLLYちゃんの時と同じ症状が・・・・。
だんだん下丹田が痛くなり、月の物が来たときのように
オモ~~~くなって来ます。
だんだん我慢できなくなり、瞑想をやめようかと思った途端、
目の前が明るくなって霧を抜けたような感覚が。
なんだかとっても幸せな気持ちになってきます。
ポリアンナさんが少しでも楽にお産が出来るようにと
願っての瞑想でしたが、こちらが楽になってしまいました。

チャーリーからも
 ”赤とオレンジの光が見えてきて、
  中からシルバーに輝く布に包まれた、
  赤ちゃんの姿が見えました”
と、不思議体験のメールが。
虫の知らせ的な体験というか、波動は繋がるのですね。

4時過ぎにポリアンナさんから無事出産のメールを頂き、
チャーリーとホッとしたのでありました。

普通に生まれて当たり前の現世ですが、
昔も今も生まれてくる子供のパワーは変わらないはず。
しっかりパパママお兄チャマに甘えて、
精一杯生きていってね。
人生は楽しい!!ですよ。





 宮島 大聖院 

砂マンダラ


4日、やっとやっと『砂マンダラ』を見ることが出来ました。
大きさ2畳ほどでしょうか。
風などで崩れないようにガラスケースが被せてありましたが、その色鮮やかなこと。
毎年チベットから留学僧が来日されて約2週間で制作されるそうです。
なんとも根気の要る仕事??これも修行の一つですね。
きっと、世界平和を願いながら無心に作られたのでしょう。
ちょっと、体験してみたくなりました。



大聖院・金仏像


『砂マンダラ』の展示してあるのは摩尼殿といわれる、添ゴマ木に記名して御祈祷していただく御殿。
両サイドに部屋があり、隙間からちょっと覗いてみると中に金綺羅の仏様が!!!!
「おじゃまします~~」と中に入ると、ほんとに不思議なパワーの仏様。
「えーー、あなた誰ですか???」しばし問答。
ふと部屋の内側のふすまを見ると・・・・
お===っ、密教でおなじみの車輪紋!!ではないですか~~。

大聖院・ふすま絵


やっぱり、密教の仏様でしょうか。
でもなんだか居心地が悪くて、さっさと部屋から出てしまいました。

大聖院・天狗


大聖院には天狗もいますよ。

大聖院の招き猫おみくじ


可愛らしさについつい買ったおみくじ。
旦那は小吉。私は大吉!!ふふふっ・・・・。

宮島仏像屋さん千手観音


宮島参道の仏像屋さん。
中を覗くと千手観音が「買ってくれ~~」と私を呼んでいた。
ごめん、連れて帰れないの・・・・。















 ゴールデンウィークも終わりですね。 

宮島の怪獣

【宮島参道の怪獣??】

ゴールデンウィークも今日で終わり。
よく遊び、よく食べました。

大聖院の『砂マンダラ』の画像をアップしたのですが、
FC2の方でサーバーがダウンしたのでしょうか???
ここ最近の画像も全部飛んでしまってます。
何度か試してみましたが、無理みたいなので
回復次第アップします。
きっとFC2のスタッフの方々もゴールデンウィークで
エンジニアの方が不在なのでしょうか・・・。



ところで、半年振りの帰郷でしたが、
案の定、母は随分と気弱になっておりました。
リウマチという難病は発症した人にしかわからない
強い痛みがあり、寒い日は一晩中疼いて眠れず、
関節が変形を始め、ドアノブさえ自力で回す事が出来ず、
毎週打つ筋肉注射の副作用が辛いと珍しく訴えてきました。
子供の頃から人一倍苦労をした人で、
弱音を吐いたことが無かったので
かなり切羽詰っていると感じながらも、
遠隔地にいると、どうすることも出来ず、
「望みを捨てずに頑張って治療を続けてね」
と、励ますしかありません。
幸い父が元気で家事に協力的なので安心してますが・・・。

今日も熊本に戻ろうと荷作りしていると、
すーっと部屋に入って来て
「少しずつ片付けたいから、これ貰ってね。」
と、細長い箱を渡され、開けてみると、
両親が結婚した頃、母が父に買ってもらったという
ペンダントが入っていました。
大事な思い出の品をいよいよ手放そうとする母の心境を考えると、
なんとも言えず切ない想いが込み上げてきます。
今の自分が母にしてやれることは
毎日電話で様子を伺うこと。
孫の声を聞かせること。
季節の果物を送ってあげること。
くらいです。
世界の果てに痛みをとる魔法の水や薬があったとしても
現実の生活を捨てて探しに行くことが出来るでしょうか。
世の中に理不尽な痛みを抱えて
生きる気力を失くしている人達のために
早く特効薬を作っていただきたいですね。



 鹿ちゃんソフト 

20080505113404
      宮島の参道を歩いていると、面白いものを発見。
「見て見て!おかあさーん、ソフトクリームに鹿の糞がついてるよ。」
大渋滞の人込みの中、息子も大声で叫ぶ。
店先の看板を見ると、その名も「鹿ちゃんソフト」
いやー、どう見ても「鹿ちゃんソフト」というより「鹿糞ソフト」だ。
しかも、糞らしきトッピングの麦チョコ?が妙に美味しそう。
「食べる?」と息子に聞いてみたが、愚問だった。
すでにオーダー済み。
「鹿糞ソフト一個くださーい。」
「わーっ(恥)、鹿糞ソフトじゃないよ、鹿ちゃんソフトだよ(焦)。」
「だっておかあさん、鹿糞ソフトって言ったじゃん。」
確かに言った。
すると、お店のお姉さんニッコリ笑顔で
「鹿糞ソフトですね。ありがとうございます。」
「すみません・・・」
勝手に商品名にあだ名を付けてしまったにも関わらず、寛大な心で受けて頂き、子供の前では言葉に気を付けなければと反省したのであります。
20080505113804

麦チョコのシャリシャリ感が絶妙な鹿ちゃんソフト。でも450円は高すぎ?

 今日の宮島 

20080504221220
      今日の宮島も昨年の秋と同様、車、人人人・・・大渋滞でした。
さすが世界遺産!!
世界遺産になったからといって鳥居がグレードアップしたとかではないのですが、今日の鳥居も素晴らしい威厳で私たちを出迎えてくれました。
子供の頃からゴールデンウィークといえば、宮島もみじ谷のツツジ狩り。
もみじ谷のツツジは造園業を営む我が家の祖父達が昔に植たもの。
久しぶりに観に行きたいと父に言うと
「最近は花芽を鹿に食べられるのでツツジは咲かない。」
それでもいくらかは咲いているだろうと、散歩がてらに谷をあがると、本当に一輪も花がついていない。
絶句です。
鹿、おそるべし。
昔は赤やピンクの花が美しく素晴らしい景色だったのに。
天国の祖父達はどう思っているのでしょうか。
それとも宮島の自然界にそぐわない植物を植えて、観光地化しようと企んだ祖父達が愚かだったということでしょうか。 
少なくても鹿達のほうが何百年も前から神の使いとして宮島に生息しているわけです。
鹿様様ですね。

もみじ谷を後に、いよいよ今回のメインイベント、大聖院の砂曼陀羅を拝謁してきました。
つづきはまた明日!

 広島へ出発 

ただ今、広島に向かう車中です。
五月晴れの清々しいお天気に恵まれ、タイミングよく、チャーリー一家のお見送りも受け、気持ち良くドライブしてます。
下り熊本方面は大渋滞(午前11時現在)。
博多方面は今のところ順調に流れております。
ゴールデンウィークといえば確か博多山笠祭り?
下関も赤間神宮のお祭りのはず。
大学生の時、初めて見た赤間神宮の“おいらん道中”の美しさには感動しました。おいらんさんの格の高さと気高さに憧れ、毎年一般公募で選ばれることを知り、その翌年応募しましたが、見事落選。
その年の“おいらん道中”は花道でコカ・コーラの売り子をしてました(笑)。
あっ、話が逸れてしまいました、失礼。
とにかく、ゴールデンウィークはお祭り列島。どこも賑わいますなぁ。
息子に広島に行ったらフラワーフェスティバルを観に行こうと誘うと、
「僕は宮島にしか行かないから!」と釣れないお返事。
赤ちゃんの頃から詣でているので、広島といえば宮島に詣でないと、なんか罰が当たりそうな気がするんだとか。
親より信心深くて恐れ入ります。
お望み通り、宮島で七福神様にもお礼参りしなくては。
ゴールデンウィーク、皆様気を付けてお出かけくださいね。


 春の大掃除 

昨年の追突事故から早1年がたちますが、
今からいや~~な梅雨の季節。
今日もなんだか雨になりそうな気配に、
首の痛みがじわじわと・・・。
腰痛持ちのスタッフ・S君に
「腰の調子はいかが~~??」と尋ねると、
「いやー、昨日から首が痛くて~。雨降りますね。」
「なになに???腰じゃないのかい??」
”きっと気圧の関係で首に負荷がかかるのではないだろうか”
ということで話が落ち着き、二人首の運動などしながら
PCに向かっていたが・・・。
最近どうもオフィスで気になる場所がある。
空気もどんよ~りしてるし、
お掃除してるのに、いつもゴミが溜まってしまう場所がある。
どうしてだろう・・・・。風の吹き溜まる場所。
いか~~ん、松井棒に怒られる!!
お昼休みにお掃除決行!!

そういえば、昨夜主人から
「思い立ったらすぐにすること!!」と
警告を受けたばかり。
実践が大事ですな。

梅雨入り前にしっかりお掃除しておきましょうね。
スェーデンだったかな、大掃除は”春”らしいです。



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。