2008年03月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「16」 

昨年の秋、東霧島神社へ詣でてからずっと気になっていた神紋。
16角の思いっきり密教の臭いプンプン。
その頃、密教の本ばかり読んでいたので「bingo!!」と思っていた。
でも、密教には無知な私。
真理は解らないまま冬を迎えた。
そして、受験シーズン、伝染病シーズン、入学シーズンと
まさに1年中で一番翻弄されやすい時期を
元気に過ごしてほしいという願いから、家族のためのお守り制作会が始まった。
それぞれに最強のお守りを作るべく、
カードのアイテムも出揃った2月。
そして、今回の高千穂ツアーでそれぞれに参拝した神社には
菊の御紋と天皇家賛美の文字が。
菊の御紋は16枚の花びらで構成される。
その意味は分からないが、私達が作った16角のお守りは
やはり「bingo!!!!」だよ、と
大きなハナマルを貰ったようで感激したのです。
天照大神様、バンザーイッ!!!!!
「日の本一」神のパワーを受け取ることが出来ましたね。。
やっぱり、日本人には日本人にあった神様と、
パワーの受け取り方があるのでしょうか。
神社にも色々なお守りが売ってありましたが、
私達が作ったお守りも負けないだけのパワーを
注入することが出来ますよ。
まだ作ってない方も、愛するご家族のために
気を込めてお作りになりませんか?

スポンサーサイト

 オーブの写真で~す! 

111

チャーリーの撮った写真にオーブが写ってましたよ。
やっぱり凄いところだね。

 『続・夕日の見える大橋』 

昨夜のブログに『夕日の見える大橋』で次元の境界線を感じた事を書いた。
そして今日、チャーリーからメールが届いた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
夢で、また天安川原に○一ちゃんを抱っこして、『平和。平和。。』と言いながら、一生懸命石を高く積んでると、パパが『お~いこっち来て』と言うと、場面が変わって、帰りに寄った橋でみんなが橋の下を覗いてる様子が、出てきて
みんなの頭上に虹が出てきて、車の中から『みなさん頭の上に虹が出てますよ~』って、叫んでハッと目が覚めました
不思議な夢でした
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
多分、ブログを読んでくれたんだろうなあ。と感謝した。
その後で会ったチャーリーにそのことを尋ねると、チャーリーはまだブログを読んでいないという。
あの橋を見に行った時、チャーリーは高所恐怖症で、車から降りてこなかったにもかかわらず、やっぱり、あの橋のパワーを感じ、夢でメッセージを受け取っていたんですね。お互いにビックリ!ミラクルを改めて感じた日曜日の午後でした。
因みに我が家の表札には虹のレイアウトを入れてます。虹って、『オズの魔法使い』でも象徴的に出てきますが、夢でありながら、夢の中で人生の辛さ、孤独を学び、仲間と協力することの大切さを学んでいく冒険への入り口です。
高千穂ツアーで感じた次元の境界線も、冒険への入り口が隠されていたのでしょうか。
高千穂に行けば、何かスッキリするかと思ってましたが、スッキリどころか、新たな課題、疑問が一杯です。また行かなくては!


 夕日の見える大橋 

春の暖かい陽気に恵まれ、今日は家族、友人達と高千穂に詣でてきました。
幣立神社、高千穂神社、天岩戸神社、そして一番行きたかった天安河原。
なんともパワーパンパン、はち切れそうな参拝ツアー。
案の定、帰宅と同時に崩れ落ちてしまいました。
気当たりです。
なんで?
ふと考えると高千穂参拝を終えた帰路途中、引き寄せられるように幹線道を外れて五ヶ瀬町の『夕日の見える大橋』に呼ばれました。橋長240m、高さ95m国内最大級の橋の上から下を覗き込むと、下には深い谷と水量のない川が流れていました。
今日の高千穂参拝ツアーで感じた次元の境界線。
最後に見た橋の下にもありました。次元の境界線って、パワーがある人はよりパワーを受け取れるようですが、パワーがないとますますパワーを吸い取られそうです。
“水は低いほうに流れる”ですね。
私は吸い取られようです。帰宅してそんなことを考えていると、以前樺輪さんと次元の境界線が見える橋があると話したことを思い出した。
「!」今日呼ばれた橋こそ、その場所だったんだと気付いた。
“次元”に何のテーマが隠されているのだろう。



 明日は高千穂ツアー!! 

明日はいよいよみんなで高千穂神社へ参拝に行きます。
9月に霧島東神社に参ってから、実に6ヶ月目。
たしか、あの時は霧島東神社の朱塗りの山門の前で、
あまりのパワーに山門を潜れず立ち止まったお方がいらっしゃいました。
明日は何があるのか、何が起こるのか、楽しみだったり、怖かったり。

ちなみに、高千穂神社は初めて!!ということで
HPで予習していたら、写真を見ただけで動悸がしてきました。
押される~~っって感じです。
そういえば、2週間前から(なぜか)左側に耳鳴りが続き、
シェリーさんもチャーリーさんも同じ現象が起きています。
「今日は耳鳴りしないよ。」と、お昼、チャーリーさんに言ってましたが、
自宅に戻り夕食の準備を始めると、やっぱり耳鳴りが始めました。
何なんでしょうね~~。
春だから???

高千穂神社に 「夫婦杉」というのがありまして
二本の杉の根元が一つになって如何なる事があっても別れられないらしく、
この廻りを手をつないで3回廻ると夫婦、友人、睦まじく家内安全で
子孫は繁昌の三つの願いが叶ふらしいですよ~。
明日、夫婦で参拝される方は是非回ってみてくださいね。
うちは母子で参加なので、母子で回ってみます。
マザコン息子の出来上がり~~でございます。

それから明日のメイン!~天安河原~!!
ここはかなり霊的なものを感じます。
東国原知事も選挙に出る前に、ここで神の声を聞き出馬を決めたそうです。
私には何が聞こえるのでしょうか??

”””ダイエットしろ~~~~”””””””とかでしょうか??

すみません、今日も”アントルメ菓樹”へ行っちゃいました。


天安河原



【日向神話より 天岩戸のお話し】(宮崎県HPより)

 世界の陽性と正義と平和を象徴する太陽の神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)は、
弟の荒ぶる神、須佐之男命(スサノオノミコト)の乱暴ぶりに耐えかねて、
怒って岩屋の奥に隠れてしまい、世は闇に閉ざされてしまった。

 困った八百万(ヤオロズ)の神々が今後の対策を練ったのが
高千穂の天岩戸神社より少し歩いたところにあるここ天安河原(アマノヤスガワラ)です。
百万(やおろず)の神々は天安河原に集まって相談した末、岩屋の前で宴会を開くことになる。
芸達者の天鈿女命(アメノウズメノミコト)が賑やかに舞い踊り、
それを肴にみなでその周りで宴会を始めた。
その騒ぎに興味をしめした天照大御神が岩戸を少し開いたところを
手力雄命(タヂカラオノミコト)が岩戸を開け投げ飛ばし、世に再び光が戻った。
・・・という古事記にかかれた日向神話の舞台がここ天安河原です。


 悔し涙 

1月、2月と続いた息子のピアノコンクール。
今月も今日が幼児で参加できる最後のコンクールでした。
昨年までは人参ぶら下げて練習させてましたが、
今年に入ってからは意欲的に自分でピアノに向かうようになり、
「コンクールでトロフィー貰いたいから頑張る!!」
と、今回のコンクールにも意気込んで臨んでました。

今回のコンクールは、幼児から一般まで全国各地から1000名が参加し、
ピアノ部門、弦楽部門、管打部門、声楽部門と総合的な音楽コンクール。
ピアノ部門幼児の前は高校生の素晴らしい演奏が熱演され、
息子と二人、その気迫に圧倒されながら聞き入ってました。
熊本にもこんなに素晴らしい演奏の出来る高校生がいたのか・・・・と
感動しました。

そして、いよいよ幼児の部。
高校生の素晴らしい演奏の後。
息子も少し萎縮しているようでした。
ただ、最近コンクールに慣れて来たので上がることはないので?
と、少し安心してました。
息子の演奏順番は33人中、33番。
凄い!!一番最後だけど、良い数字をゲットできてラッキー!!
と、どこまでも目出度い母。
幼児の部はいつも保護者が舞台袖まで引率できるのですが、
今回は出演者が多いからでしょうか??
保護者は同伴できませんでした。
一人、舞台袖で順番を待つのはかなりプレッシャーなのでしょうか??
いつもより、不安そうに演奏する子が多いような気がしました。
余裕のある子は、客席の家族を探してましたが、
余裕の無い子は、慌てて出て慌てて弾いて戻っていく。
幼児だけに精神状態が諸に現れて見えます。
そして、いよいよ最後、息子の番。
なんとも偉そうに歩いて出てきて・・、お辞儀までは良かったが。
あれれ・・・???演奏が始まった途端、母はひっくり返った。
練習のときは一度も間違えなかった音階ミス!!
1オクターブ高いところで弾き始めた。
ミスタッチどころの間違いではない。
楽譜と全く違う曲を弾いているのと同じだ。
本人も出だしから間違いに気づいて弾いているのが解かるほど、
不安なタッチ。
でも、1オクターブ高いところで最後までノーミスで引き終えた。
う======っ、おしい!!!

案の定、講評にも「おしい」「おしかったです」の一言が大きく書きそえられ、
それを見るとますます「惜しかった!!!」と悔しい思いをする母です。
でも、一番悔しかったのは息子ですよね。
表彰式のとき名前を呼ばれず、お母ちゃんの二の腕に顔を押し付けて
泣いていました。

良い勉強したね。
きっと、その悔しさが次のコンクールの糧になるよ。
きっともう同じ間違いはしないはず。

次回は7月。
それまでに課題曲4曲をマスターしなければなりません。
息子よ!!泣いてる暇は無いのだぞ!!
次はきっと表彰式のステージに上がろうね。



 今日もお預け 

息子は昨日に引き続き、今日もチャーリー家にお預けでした。
今日はチャーリーパパがお休みと言う事で、動植物園へピクニック。
ちょっと肌寒い一日でしたが、楽しく遊ばせていただいたようで、本当に感謝です。          仕事が決算期で忙しい時期と春休みが重なり、毎年園の特別保育を利用してましたが、卒園した年長は対象外。かといって他の保育園に預けるわけにもいかず、本当にチャーリーファミリーにはお世話になりっぱなしです。
一人っ子の息子には、4人のご兄弟達と過ごす時間はとても楽しいようで、夕食の時も、お風呂の時も、ずーっと、ずーっと、楽しく遊んだことを話してくれました。
やっぱり、子供同士の交流が一番の刺激になるのでしょうね。
ついつい大人の目線で物事を教えてしまうけど、子供の目線から考え、気付き、学ぶ過程も大事なんだなあ・・と思いました。
子供らしく遊ぶ姿は気持ちいいですね。      新学期が始まると忙しい日々が続くので、春休みはしっかり色んな事に興味をもって、遊んでほしいですね。           そして、色んな方に助けられ支えられて、仕事に専念出来ること、有り難いです。けして一人で働いているのではないと改めて、感謝!!

 きみは愛されるため生まれた  

今日、この地球にいったい何人の子供が
生まれてきたのでしょう?
生まれる前から、愛され、待ち望まれて、
長い長い日々をかけて、やっとやっと生まれてきてくれました。
全く何もないところから、ひとつの命を抱えて生まれてくるのですから
信じられない真実です。本当に奇跡です。

今日は、私の親愛なる友人にも待望の赤ちゃんが
無事生まれてきました。
おめでとう!!おめでとう!!おめでとう!!
そして、ありがとう!!
この奇跡を共に祝えることを幸せに思います。
同じ時間に共に存在できることを嬉しく思います。
生まれる前から、いとおしく思っていました。
必ず無事に生まれてきてくれると信じていました。
頑張って生まれてきてくれてありがとう。
生まれてきてくれたことだけで充分です。
これから私達に、その素敵な笑顔を
いっぱい、いっぱい見せてください。
そして、パパやママや周りの人たちを
喜びで一杯に満たしてあげてください。
本当におめでとうございます。

~プレゼント~
息子達の幼稚園のお誕生会で
みんなが歌っていた素敵な歌です。
視聴できますので、タイトルをクリックしてみてください

【♪きみは愛されるため生まれた】

作詞・作曲/イ・ミンソプ 訳詞/神 明宏 朴 鍾弼 & B.B.J.

きみは愛されるため生まれた
きみの生涯は愛で満ちている
きみは愛されるため生まれた
きみの生涯は愛で満ちている
永遠の神の愛は われらの出会いの中で実を結ぶ
きみの存在が 私にはどれほど大きな喜びでしょう
きみは愛されるため生まれた 今もその愛受けている
きみは愛されるため生まれた 今もその愛受けている
(イ・ミンソプ公認訳)

(C)2004 Lee Min Sup/LIFE MUSIC(WORD OF LIFE PRESS MINISTRIES)




【♪もう一つの実を望まれ】
きみは愛されるため
そして その愛伝えるため
主から選ばれて この世に植えられた
もう一つの実を望まれ


(C)2004 Lee Min Sup/LIFE MUSIC(WORD OF LIFE PRESS MINISTRIES)




 桜前線 

昨日の雨とは打って変わって、今日は本当に春らしい良い天気でしたね。
月曜日だというのに、出勤途中で3件も引越しの積み込みを見てしまい、
移動の季節なんだと改めて感じました。
主人の職場でも今年は異動が多いらしく、慌しくなりそうです。
新しくスタートする人も、そうでない方も、春は気持ちもリセット!!
清清しい気持ちで頑張りましょう。

そういえば、白川沿いを走ると桜が随分咲いてました。
今週末はお花見出来そうですよ。
青空に桜。その向こうに熊本城が見えて・・・。
本当に桜の似合うお城です。
しっかり構図を考えて城下町まで整備されていますよね。
昔ながらのお城を中心にして街が整備されているのも
珍しいのではないでしょうか?
週末には熊本城下を400人のお着物集団が闊歩するそうです。
圧巻でしょうね。
私は残念ながら、高千穂ツアー参加で見に行けませんが、
高千穂でもきっと素晴らしい桜が見られるのではないかと
期待しております。
参加できないと思っていた、チャーリーさんも急遽参加できるとのこと。
楽しくなりそうです。


 ここで一句 

週末の出来事を川柳にしてみました。



松坂牛 ホントはどこの 牛なのか?

■卒園祝いにと実家から送られてきた松坂牛を食べていたら
息子が「これ、エー○(近所のスーパーマーケット)のお肉でしょ??僕わかるよ。」と確信を持っていた。
松坂牛もおジャリにはかなわない??
 


畳み置く 制服明日は 着る人も無く

■洗濯した制服を畳みながら、ついついおセンチになってしまいました。。。



パパごめん 入学式にと 服新調

■チャーリーの娘っ子さんは入学から卒園までに10Kg成長したらしいが、
私も息子の入園から卒園までに○Kg成長し、とうとう式典用の服が着られなくなった・・・。
なので、思い切って新調!!
しかし、いつも「メタボリア~ン!!」とパパを苛めているので、事実は言えない。



パパごめん 入学式にと 靴新調

■服を新調すればやっぱり靴も気になりますなぁ~~。。。。
重ね重ね、パパごめん。



春の道 マスク人口 増えうれし

■一昔前は花粉症対策でマスクをしていると、異様な風貌で引け目を感じていましたが
最近はマスク&ゴーグルの方が増え、花粉症族も相憐れむ精神で励まし合いたくなります。






 のんび~り放心状態 

卒園式、茶話会と一大イベントも終わり、
今まで追われいた作業から解き放たれ、
昨夜は息子とのんび~り放心状態で、
ドラえもんムービーを見て、
深夜3時まで片付け物をし、
目覚し時計をAM7時にセットしてベッドに入った。

朝方、メールの着信音で目が覚め、
ふと携帯を見るとなんと8時前!!
9時から息子のソロバン塾だというのに。
慌てて息子を起こして身支度。
なんとも、腑抜け状態。

ところで、昨日の茶話会が成功したことを感謝して
皆さんに感謝メールを出したところ、
Sママから
”これからはお会いする機会がなくなります。”と
クールな返信。
隣校区に住んでいて、会わないなんてことは無いだろう!!
しかも彼女は車でうちの校区をウロウロしているし。
会うに決まってる!!・・・・と確信していたら、
お昼、パン屋に行く途中ですれ違い、車中で大笑い。
”縁”はそんな簡単に切れないのだぞー。

しかも、数人で園の後援会を作ろうという話が出ているし、
君にも話しが回ってくるからねぇ。お楽しみに!!
はっはっはっ・・・・・・。


 必然 

樺輪さんのブログを拝見して、改めて「光」というキーワードを受け取り、今日の茶話会では園長先生のお話の中に、また神の存在を実感する事が出来ました。
やはり、私たちの出会いは偶然ではなく、必然として一分の狂いもなく準備されているのです。
2年前、園長先生が私たちの園に赴任された経緯は、まるで針のような細い管を光が通り抜けていく程の奇跡の上に準備されていました。
同じ頃、息子たちのクラスは半数が退園され、残された半数が不安で肩を寄せ合い、新しい試練や外敵から子供達を守ろうと、親が心に鎧を付けていた頃です。
そこに赴任してこられた新しい園長先生の方針に猜疑心を抱き、憶測で考え、信じるという行為を忘れかけていました。その中でも、園長先生は一人一人に耳を傾け、受け入れ、また一日で親子の名前、顔を完璧に分かっておられました。そしてなにより子供達が一番の信頼を持つようになったのです。  
残された14人の子供達は、実は選ばれた14人だったのだと感じます。神様に選ばれて、この園にいらした園長先生と出会うため。この出会いは必然です。そして、私たち保護者にも神様とつながる事の出来る場所を与えてくださいました。昔、教会が幼稚園だったり学校であったりしたように、園は幼稚園でありながら、教会へと進化して行ってるのではないでしょうか。
園長先生のお働きによって、魂の入った聖域になったのだと思います。
しかし、聖域であればあるほど、はじかれる人も出てくるでしょう。光に当たると消えてしまう物がいるように。本当の意味で神様に愛される人達が集まる園になると思います。

 多くの「愛」に感謝!! 

多くの方々に見守られ、今日、息子達は無事に
卒園式を迎えることが出来ました。
改めて思うことは、本当に多くの方々にお世話になり、
学びを頂いて育ってきたのだな・・ということです。
先生方はもちろん、Yのスタッフの方々、
年少々さん、年少さん、年中さんと多くのお友達にも。
今日も年少々さんのお母さまから、
「いつもお兄ちゃんに面倒を見ていただきました。
本当にありがとうございます。」と、もったいないお言葉を頂き、
母親が知らないところでも多くの学びを頂き、
また、それを知り、見守って下さる方がいることに
本当に感謝しなければいけないと痛感しました。
小さなお友達をお世話することで、一人っ子の息子は
多くのことを経験させて頂きました。
縦割り保育の素晴らしいところです。
本当に私たちの子供は質の高い保育に恵まれ、
心から愛され、大切にされ、幸せな子供たちだと思います。
皆さんから頂いた多くの愛を、子供たちは大事に育て、
今から出会う多くの人たちの心に、
そっと蒔いて育てていくのだと思います。
彼らが愛されたように、愛して行くのだと思います。
幼少期の心の根の柔らかい時期に愛された想い出は
一生消えることは無いでしょう。

卒園記念に頂いたCD「君は愛されるため生まれた」を聞きながら、
愛されて育つ子供たちは本当に幸せだと思いました。
世界中の子供たちが、神のみならず、たくさんの人たちに愛され、
この世に生まれてきたことを感謝出来る、
平和な世界が築かれることを強く願います。
そして、私たちはもっと周りの子供たちに気を配り、
精一杯守ってやらなければと思います。

世界中の子供たちの未来が希望に満ち溢れたものでありますように!!



 春のキャンペーン色々 

どなたかウィルコムをご利用中の方いらっしゃいますか??
このたび、ウィルコムのスマートフォンを購入したのですが、
ただいまキャンペーン中で、紹介者と新規購入者の両方に
3000円のキャッシュバックが入るらしいので、
ご利用の方がいらっしゃいましたら、
マドレーヌ携帯アド(非公開)までお知らせくださいませ。
このキャンペーン、3月一杯だそうです。
また本体もキャンペーン中ということで、ベスト電器浜線店で0円でした。
買うなら今ですぞ!!!
春は色々お得なことが多いようです。

ちなみに息子がハマっているのがヤマザキの”春の白いお皿シリーズ”で
一生懸命シールを集めてます。
他社のパンを買おうとすると、無理やり買い物カゴから戻され怒ります。
昨年は1枚しか頂けなかったので、今年は目標2枚。
昨年のは自分のお皿。ちゃんと毎朝使ってます。
今年頂く予定のお皿がおかあちゃんとお父ちゃんの分だそうで。
一応、気にはしてくれているんですね。
6歳にしてコレクター熱沸騰中!!将来が思いやられますなあ。

 涙坊主続出!! 

やっぱり”涙坊主”にとり憑かれてます。
いよいよ、箸が転んだだけで涙が溢れてきます。

今日は息子の英会話教室でも、今年度最後の授業でした。
3年半、3年、2年と共に学んだおともだちも
小学校進学を機にやめられるので、
来年度は息子一人が残ることになりました。
寂しいっっ!!!
でも、今日はしっかりママたちとお話して、
明るくお別れしなくては・・・!!と
シュミレーションしていたのに、
午後から義父母達が遊びに来ると言うので
英会話の間にお夕飯の買出しに行くことになり
クラス終了5分前にお茶会ルームに到着。
お辞めになる皆さんに、伝えたいこともほとんど言えず、
涙を堪えるのがやっとでした。
いえ、堪えられませんでしたっっ。
もう、思いっきり”涙坊主”飼ってます。
弥誉さ~ん、今日はハグハグしてくれてありがとう。
年下の貴方にまで慰められて、
しかも今日は、Y君の卒園式であなたが一番
ウルウル状態にならないよう頑張ってたのに、
おまけにお花まで頂き、もう~~堪りません。

夕方は義父母が遊びに来てくれたので、
賑やかにお話しして気が紛れましたが、
夕食後、義父母が帰宅すると、
またすかさず涙坊主がやってきて
ピタッと目頭に張り付いてます。

そこにチャーリーさんからメールが。
彼女もとうとう”涙坊主”に張り付かれたようです。
何をしても何を見ても悲しくなるよ~~。
しかもなかなか離れないからね。
卒園式にはみんなが涙坊主貼り付けて来るんでしょうね。
誰の”涙坊主”が一番パワー持ってるいるのでしょうか。

なんで、そんなに悲しいの??と思っているそこのあなた!!!
私も2年前まではそう思ってました。
そして、実は幼稚園で育てられ鍛えられたのは、
母親のほうだと気づいたのも1年前です。
はははっっ・・・遅いなあ。








 涙もろくて困ります 

やはり年でしょうか??と、
老化のせいにしてしまいたいほど涙もろくて困ります。
園生活もあと3日・・・、それだけで体操服を畳んでいても、
水筒を洗っていても、お迎えに来た幼稚園バスを見ても
涙がこぼれて来ます。ある意味、心神喪失状態!!
しかも、午後から園に行くと先生達に「もうすぐですね・・」と
またまた、涙を誘うようなお言葉賭け。
自分の卒業式でも泣いたこと無いのに、どうなったんだろう???
涙坊主にでもとり憑かれたのではないだろうか??

当の本人息子はケロッとして
「20日は卒園式!春休みが待ち遠しいなー。
春休みは何してあそぼっかな~??」
とのたまっております。
「みんなと離れ離れだね~~?(解かってるのか?)」
と、話題を振っても、
「だって1年生になるんだもん。さよなら~~」
「・・・・・・」
前向きだ。見習わなくては。
親としてはいつまでも小脇に抱えられる
幼児でいてほしいのが本音ですが、
ちゃんと成長しているなー。

とにかく!!
絶対息子の前では泣かないぞ!!と思っておりましたが、
息子が降園してきて連絡帳を見ると、
担任の先生から、これが最後と言わんばかりの
暖かい"ありがとう”のメッセージが書かれていて、
もう堪らず涙がウルウル・・・。
お母ちゃんは、やっぱり前向きでは無いのでしょうか??

今からこの調子で卒園式の日はどうなるんだろう。
そうだ、ティッシュはBOXで小脇に抱えておこう。


 ”当選のご案内” 

昨夜、幼稚園役員会の慰労会から帰宅すると
テーブルの上に封筒が1通置かれていた。
ほろ酔い気分で眺めるとナント!!
”当選のご案内”と表書きに記してある。
え~~~なんだろう??????と封を切ってみると、

『12月1月にAEONカードを利用した方の中から
”抽選で1万円商品券をプレゼントキャンペーン”に当選されましたので、
お送りいたします。ご笑納ください。』

そんなキャンペーンをしていたことも知らなかったので、
かなりビックリ!!かなり嬉しい!!
すかさず頭の中を欲しかった品々が過ぎってゆく。
あー、欲の塊だ・・・・・。

前回もカード会社のキャンペーンで当選したことがあるのだが、
そのときもキャンペーンに自動登録されていて
突然送られてきた商品券に驚いたことがある。
自分で”当たれ!!”と願って購入する宝くじは中々当たらないが
欲を持たないと運の方から寄ってくる。

しかし、問題は使い方。
前回はいつもお世話になっている両親の為に使った。
こういう泡銭でもないと、両親に贈り物できないのも悲しいが。
泡銭だからこそ、自分の為に使うのは気が咎める。

今度の1万円も誰かの為に使いなさいと、
神様からのメッセージが込められているように思うのだ。

さてさて、どうしようかな。


 慰労会 

役員会行事も今日の慰労会で最後となりました。
みんな、本当に一年間ご苦労様でした。
最後の最後まで、みんなで仲良く笑って、食事して、
それぞれの労を労い、それぞれの活躍を褒め称え、
二次会では樺輪さんに私物の浄化までしていただき、
本当にラッキーな慰労会となりました。
これも会長の木目細やかな心配りと、思いやりがあってこそ。
愚痴一つ、不満一つこぼれず、
こんなに気持ちの良い慰労会はそうそうないですね。
仕事を理由に、ほとんど皆さんに甘えっぱなしのゴースト役員でしたが、
皆さん一年間、本当にお力添えありがとうございました。
役員会に参加したことで多くのことを学ばせていただきました。
小学校、中学校と色々な事が待ち受けていると思いますが、
皆さんと学んだことが、またどこかで役に立つと思います。
人生、無駄なことは何も無いのですから。
4月からそれぞれの道で、また頑張りましょう。
会えなくても、心の中でいつもみんなを応援してますよ。


 ホワイトデー 

2月14日バレンタインディの日、
毎年の事ながら、会社のスタッフにお菓子を配った。
今年はスタバのチョコレートケーキ。
お正月の初売りで食べた時、とっても美味しくて
今年のバレンタインディはこれにしようと決めていた。
みんな美味しいと喜んでくれた。
あれから1ヶ月。
今日はみんなからたくさんのお菓子を頂き、
お陰で息子は大喜び。
いかにも息子用??と気遣って選んでいただいたものも有り、
皆さんの心配りを感じる。

しかも、今年は人生史上初!!
2歳の殿方にまで頂いてしまいました。
将来この事実を知り、人生最大の汚点などと
後悔しなければいいですが。

みんな、ありがとう!!
一方的な母親・・・いえいえまだまだ優しいお姉さんの愛情を
受け止めていただき感謝です。
普段はなかなか「いつも傍に居てくれて、ありがとう
忙しいとき助けてくれてありがとう。」と、
気持ちを伝えられないけれど、
バレンタインディやホワイトディのお陰で、
スタッフ同士、近隣同士心が和みます。
やっぱり、イベント事は楽しまなくてはね。

 お守り講習会 

以前(多分11月頃)、樺輪さんからサンメイツクラブの
メンバーズカードを依頼されていたのだが、
なかなかデザイン、構図、色合いと納得のいくものが出来ず、
グズグズしていた。
新年が明けて、折り紙で恐竜を作っていたところ、
なんか折り紙って楽しい!!とはまってしまった。
知らないうちに無心状態。2時間なんてあっという間。
そして、あることを思い出した。

故郷、広島のお好み焼きやさんには、
よくテーブルに折り紙がおいてある。
お好み焼きって注文してから焼けるまで持ち時間が長い。
昔は漫画が積んであって、みんな黙々とそれを読みながら
待つのが馴染みの風景だった。
しかし、今は待ち時間にみんな黙々と鶴を折る。
もちろん”世界人類みな平和”と願いを込めながら。

そのことを思い出し、折り紙で念を込めることが出来るのではと
気づいた。
そして、折り紙で折った16画の高千穂神社家紋マークを
サンメイツクラブのカードに貼ってみてはどうだろうかと
樺輪さんに提案したところ、快くお守りにまで昇格していただいた。

今日の講習会は久々に会った方々とお話もあり、
無心には出来なかったが、結構右脳は刺激できたはず。
子供の学習も静かな個室より、生活音のあるお茶の間のほうが
はかどるって経験ないですか??
それと一緒かな。
周りが騒がしくても、集中してると外界の音が遮断されて、
結構無心になれるという事に気づいた今日の講習会だった。

サンメイツクラブでは18日のパワーアップ会でも
お守りグッズ販売いたします。
自分で作れないという方には、こちらで気を込めて
作らせていただきます。
お好みの色、お好みのカードなどございましたら、
樺輪さんブログ
サンメイツクラブブログまで、お問い合わせください。



 母親の念 

今日はシェリーさんから嬉しいメール。
お嬢様が無事志望校に合格されました。
パチパチパチ!!!!
「やったーーー!!」(母)
「おめでとう!!!」(母)
「○○君、おめでとう!!!」(息子)
「いやいや、○○君のお姉さんだよ」(母)
「○○君、Wiiが来たからおめでとう!!!」(息子)
なるほど・・・。
関係ある。

息子と叫んでいたら、涙がボロボロ出てきて、
自分でビックリ。
母親の念って通じるんだね。
母親がで~んとしっかり構えていれば、
子供達も迷わず、精神も安定するはず。

以前不登校児のドキュメンタリーで心理士が
『子供が悩んだり、迷ったりしているときは、
子供を夜一人にしないで、何も言わずに一緒に寝てあげてください。
それだけで子供は安心できるのですから。
子供は夜が怖いのです。
長い暗闇に押しつぶされそうになるのです。
中学生でも、高校生でもしっかり抱っこして寝てあげてください。』
とおっしゃっていました。

私にも経験があったので良く解かる。
本当に夜が来るのが怖い時があった。
長い夜に一人だけ孤独に押しつぶされそうになる。
今思えばなんでもないことが、
思春期には大きな影に見えたりするのだ。
母親がそばにいてくれるだけで、
一歩足を前に出すことが出来る。

シェリーさんはしっかりお嬢さんの傍で気を送り、
お嬢さんが万全のコンディションで試験に臨めるよう
自分なりに精一杯やってこられた。

シェリーさんを見ていると、いつも
「昔、私の母もこんな気持ちで私を見ていてくれたのかな・・・」
と、胸が温かくなってくる。
自分一人で大きくなったようなつもりでいたが、
子育てを通して、親の有難さを痛感してしまう。

本当におめでとうございます!!
これで心から笑って春を迎えられますね。






 我慢 

3月に入り、子離れ計画を実行中。

今までは、ピアノの練習も、英会話の宿題も、
キッズワークも、おトイレのオシリ拭きも、
いつも横について手取り足取りという状態だった。

お陰で息子の口癖は
「お母さんが、やって~」
「お母さん、教えて」
「お母さんが、書いて~」
甘え放題である。
自分で考える前に聞いてくる。
母親って、そういう便利アイテムなのだと思っている。

でも、もう離さないとこの子が困る。
もう少し早くに決行すべきだった。
そう思って2月から
「3月になったらなんでも自分でしようね。」と告示した。
そして3月。
ついつい口出ししたくなる。確認したくなる。
でも我慢我慢。

しかし、今日の英会話では、先週出された宿題を
やっていなかったと先生に注意を受ける。
ピアノ教室でも、先週注意したところが直ってないと指摘される。
帰りの車の中で、
「お母さんが教えてくれないから先生に怒られたよ。」と息子。

違うんだけど、今まではそれが当たり前になっていた。
今まで色々手を出しすぎたようだ。
今月は怒られて、叱られて、言われたことは自分で覚え、
自分で考え、自分でするものだと気づいて行くしかないね。

そのことに気づくまでは、お母さんも修練だ。
言いたくても、確認したくても、君を信じてじっと我慢。

出来たときにはしっかり誉めてあげるからね。


 保護者会 

いよいよ、2007年度のクラスも来週で終わる。
今日は息子のプール教室の保護者会。

仕事を終え、時間ぎりぎりで教室の受付に
撮影許可書を貰いに行くと、リーダーから
「今日はお母さんが来てくださったので喜ばれますよ。」
と言われた。
いつも、見に来るのを待っているのだろうか??
「見に来て」とも言ったことがないし、
プール教室のことを聞いても、いつも何も言わない。

そういえば、月曜日は会議だ何だと仕事終了が遅くなり、
保護者会でもないと”早く帰ろう”とも思わないし、
実際、秋の保護者会依頼の見学になった。
久しぶりに来ると、本当に喜んでいる。
ガラス越しに、何度もこちらを見ながら、
立ち止まってはまた見て、確認しながら泳いでいる。
しかも、いつの間にか背泳ぎも覚え、結構まっすぐ泳げてるし。
”ちゃんと泳げたよ~~”とジェスチャーでアピールしている。
やっぱり、たまには見に来るべきだったなあ。
反省。。。。

見学の後は記録表の受理。
残念ながら、待望のふぐワッペンは頂けなかったが、
「次は貰えるよね。」と確信を持っているようだ。
以前は、「僕のワッペンが無いーー」と家に戻るまで
びーびー泣いていたのに、精神面も強くなった。
目標を見失わず、あきらめないで続ければ
きっと貰えるよ!!
お母ちゃんはなかなか見に来られないと思うけど、
応援してるよ、頑張ってね~~。

 モデルルーム 

今日は急用の出来た伯母に代わり、秋に挙式予定の従妹夫婦の新居捜しに付き合った。
マンション購入経験者ということで、かなり頼りにされて駆り出されたが、私たち夫婦は何件もモデルルームを観て、今の住まいに決めたわけではない。
恥ずかしながら現在の住まい一件のみ。もちろん、マンション住まいの知人を訪ねたりで、比較対象になる尺度はもっていたかも。
『なんて無謀な!』という声が聞こえてきそうだが、本当に無謀だった。
でも、すんなり決められたのも“偶然”と“必然”だったのだと思う。

息子がまだ年少さんの10月、かなり激しい雨と雷の中、実家から幼稚園まで車で迎えに急いでいた。
途中にあたり一面たんぼだらけのところがあるのだが、そこを走らせているとなんと目の前の電信柱が火を吹いたと思ったら、私の車にドーンと何かが落ちてきた。
物凄い音に急ブレーキを踏んで停まると、対向車もビックリした顔で車を停めて私の車を伺っている。
すぐには解らなかったが、私の車に雷が落ちたようだった。どしゃぶりの雨と後ろに連なる車に車から降りれず、セルを回すとエンジンがかかった。ラッキーと思いそのまま幼稚園まで車を走らせると、道の真ん中に雨と風に蒔き散らかされたチラシが散乱している。今度は車を停めてそのチラシを掻き集め、道の脇に積み上げながらよく見るとマンションのチラシだった。そのチラシを見たとき、ここに住みたい、いや、住むような気がしてモデルルームを一度観て即決してしまった。
“感?”でしょうか。

今日は従妹夫婦と三軒のモデルルームを観て回ったが、あまり良いと思う物件は無かった。
特に中心部は外界遮断の為か、窓が小さくて息苦しくなる。しかも隣接する高層ビル。15階の窓向かいで「コンニチハー」って、あり?ですか?
しかも、24時間ネオンが点滅しているような街角も良くないでしょ?
やっぱり風通しは大事です。
若い二人は最新のインテリアやIH等に興奮していたが、熟年夫婦がダメだしを連発してしまった。
ここまで来たら本気で気の流れの好い物件を捜してやらなくては。
いや、もうお呼びがかからないかも・・・。


 プライド 

経理の仕事をしていると会社の方向性、考え方、
無駄な人件費が無いかなど、小さなことが色々気になる。
言いたくないことも言わなくてはならない。
ペーペーの一スタッフに過ぎないのに、
ついその気になって、熱く訴えてしまった。

今日も決算を前に社長に余計なことを言ってしまった。
仕事にプライドとクオリティを追求する社長。
彼は彼なりに夢を持っているから仕事に全力投球できる。
それなのに、その夢に生卵ぶつける様な事を言ってしまった。
でも笑って聞いてくれる彼はやはり『社長』だ。
しっかり部下の話を聞いて、ゆっくり自分の考えを語りだす。
「そうか、なるほど・・・。解かった。心配させてすみません。」
そう下手に出られると、もう何もいえない。
「ん??」もしかして誤魔化された??
仕事へのプライドが彼の労働力であり、生命源であり、生きがいである。
量産的な仕事が出来ない不器用さ。
子供の一生懸命さを持って、そのまま大人になってしまった。

まあ今時、採算取れなくても納得が行くまで仕事をしたいと
言う人は貴重なんだろう。
『金儲けのために仕事をするのではない』という
彼の下で働けることを光栄と思わなければ。


 人の振り見て我が振り気づく・・・・(>★<) 

昨日は陽気な春の気配に誘われて、
昼食後の休憩時間を健軍神社まで散歩した。
少し花粉も気になるが、こんな良い昼下がりに歩かない手は無い。
のんびりと歩いていると、右側参道から自転車に乗った女子中学生の
軍団が上がってきた。
そうだ、今日は県立高校の後期選抜最終日。
試験が終わってホッとしてるんだろうな・・・。
と思いながら、迫り来る自転車たちを眺めていたら、
みんなで鳥居の前に自転車を停め、自転車に跨ったまま手を合わせた。
『え~~、、、それってダメでしょう。
いくらなんでも神様仏様にお願いする体勢ではない。
どういう教育受けてるの??親の顔が見てみたいよ~~。』
と、心の中で叫んでいると、その中の一人が自転車から降りて、
横に停め、ちゃんと参拝し始めた。
それを見た他の仲間達も自転車から降りて、
一列に並んで参拝し始めた。
『よしよし、、、いいぞ~~。』
と思うと同時に『はっ!!!』と気が付いた。
私も毎朝時間がないと言いながら、車の中から拍手を打っている。
彼女達を攻める資格なし。
しかも、彼女達より気づくのが遅いし~。
あーー、情けない。
中学生に学んだ春の昼下がりであった。

 番組のお知らせ 

今月はお雛祭りもあるし、軽く暖かな情報でまとめようと思ってましたが、ベーグルさんから情報を頂いたのでご紹介します。
やっぱり発信するときは今かと思い、重たーい話、書かせていただきます。
「沖縄・遺骨収集」の事を取り上げた番組が3月7日NHKでpm8:00から放送されるそうです。
多分、放映予定のドキュメンタリーは私が見たものと同じか、または、別の目線から編集されたものかと思われます。
是非、皆さんにも見て頂きたいです。
最近、熊日新聞でも「命語い」という沖縄戦で生き延びた方たちの実録が連載されていて、毎日涙を流しながら拝読しております。
実際に戦争を体験した方々には、読むのも聞くのも辛いものでしょう。出来るなら、忘れたいことだと思います。忘れたくても忘れられないですよね。
でも、時60年を経て、口を開きだした戦災者の声を聞くのは私たちの使命だと思っています。
戦災者がいなくなってしまうのも時間の問題。このまま風化させてはいけないという思いがあります。私たちに出来ることは目を逸らさずに見据えることではないでしょうか。これは過去の話ではなく、私たちの将来にも繋がることかも知れません。

私は父が被爆者なので、昔から被爆後の広島の様子や、原爆症に苦しむ人々を目のあたりにしてきました。一般に知られる被爆後の広島のその後を見てきました。

たとえば・・・・
近所の家に遊びに行くと、お茶の間の隣の部屋に古びた箪笥があるのですが、その箪笥の一番下の引出しだけがなくて、不思議に思ってました。
「おばちゃん、どうしてここの引き出しがないの?」と、尋ねると
「ピカで死んだ赤ちゃんを、火葬するのに使ったんよ。」
と、つらそうに教えてくれたその女性に、聞いてはいけない事があると、子供心に後悔したものです。また、ケロイドで顔を隠して歩く女性もたくさんいたり、昭和40年代の広島はまだまだ戦後から抜け出てはいませんでした。
広島にはいつも生活の中にピカが潜んでいたのです。

熊本にいると、それらのことも忘れそうになります。
まだまだ戦争が終わっていない人達がいることを忘れないためにも、是非明日はテレビ見てください。


 花壇作り 

新入園児を迎える春を前に、今日は保護者会有志で園庭に花壇を作った。
かなり大きな花壇を二面。園長からその提案があった時、それは造園業とかスペシャリストにお願いしたほうがいいのではないかと、自分達で造る自信もなかった。
しかし、保護者会にそんな予算はない。
とにかくやってみよう!ということになり、集合をかけた。
3月に入った途端、お天気は大荒れ。昨日は金峯山にも雪が積もり、風が冷たい。こんな悪天候の中、果たして何名集まってくださるのだろうか。
人出か無いなら出来ない仕事だ。心配になってきた。
10時開始に集まった保護者は3名。
今日中に出来るのかと途方にくれそうだったが、次々と集まってくださり総勢9名と新入園児2名。
空も晴れ、風も止んできた。
花壇作りは初めてという方、詳しい方、色々意見が飛びかい、レンガの並べ方一つにしてもいくつもの案が出てきて、聞いているだけでおもしろい。
「あー、そんな並べ方もあるのかぁ。」
「あー、そうやって掘るのねぇ。」
「これはこうしよう。」
一つの物を共同作業で造るなんて、ここ何年無かったので、かなり楽しい作業になってきた。
そして、最初の心配を余所に、時間内に終わらせることが出来た。
主婦が子供達のために造った愛情一杯の花壇だ。
園児が花壇で怪我をしないよう、安全を願いながら気を込めて造られた。
これからどんな花が咲き、どんな虫が訪れるのだろう。
掘り返され、柔らかくなった土を見ていると、命を受け入れてくれる暖かさが伝わってくる。

保護者の皆さん、ご苦労さまでした。



 ”WWOOF”って知ってる? 


ちょっと面白い仕組みの農業体験などが出来るサイトを
見つけたのでご紹介します。
”WWOOF”とは、お金のやりとりなしで、
「食事・宿泊場所」と「労働力」を交換するしくみです。
ウーファーには、「働き手」と「受け入れ先」があり、
登録会員だけが利用できるそうです。
ウーファーで得ることが出来るのは
「有機農業」「環境」「田舎での生活」「自然」「人」「生き方」など、
多種多様な生きた体験です。
体を動かすことが嫌な方には不向きかも知れませんが、
この仕組みを知ったとき、是非息子に体験させたいと思いました。
酪農や、農業など、自分達が口に入れるものがどのようにして
作られているのか。
色々な命を食べて自分達が生きていることを知ること。
そして、その生産者の方達の生の声を聞くことが出来る
絶好の機会だと思ったのです。
また、よその釜の飯を食べる経験は、
今の日本ではなかなか体験できませんよね。
一週間滞在したぐらいで何がわかるのか??とも
思いますが、解かるための糸口にはなるのではないでしょうか。

ウーファーは、「ボランティアではありません。」とありますが
うまく人間関係、コミュニケーションがとれれば、
労力をあげる側と、衣食住をあげる側と、
お互いが無いものを与え合うという素晴らしい
ボランティアにもなるのではとないかと思います。

また、”WWOOF”のすごいところは、
国内だけでなく、海外にも体験できるホストがあるのです。
ホスト側が受け入れてくれるなら、夏休みはオーストラリアで
親子で酪農!も実現出来る訳です。
しかも、お金もかけずに。
仕事はかなりハードかと思いますが、
かなり貴重な体験ができるはず。

実は、我が田舎にも田畑がありまして、
一部は休耕田としてほったらかしてますが、
一部は近くにある第3セクターの研修施設で
農業体験をする子供たちのために提供しています。
また、茶畑なども両親がしっかり管理してますが、
私たちの代になったら、遠方からどう管理していいものかと
常々考えております。
”WWOOF”の仕組みを知り、もしかしたら休耕田も
うまく活用できるのではないかと模索中です。

 ひなまつり 

ひなまつり
我が家には女の子がいないので、ひな祭りの華やかさは他人事。それでも玄関に小さな民芸お雛さまを飾り、雛あられと細工飴をお供えした。なんとなく、お雛さまも嬉しそう。
ひな祭りには、実家の母が必ず作ってくれたおにぎりお雛様。
息子が生まれてからもずっと作り続けているが、今日は「僕も作りたい」といって一緒に作ってくれた。
楽しい夕食タイムになった。
あんまり一生懸命作ったので、情が湧いて食べられなくなった息子でした。 


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)











02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。